【レペゼン地球】爆発的人気YouTuberのレペゼン地球がCBDを愛用!CBDMAXを購入する際に気をつけないといけない事【CBDMAX】

一般の人がどんどん有名人になれる時代になった中、一躍活躍が期待されているのが「レペゼン地球」です!

レペゼン地球はDJ社長を中心に集まった若者DJ集団で、2015年9月28日からYouTubeの公式チャンネルを開設しています。

※2019年にアカウントをBANされ、現在は「レペゼン地球のギトギト更生チャンネル」と言うチャンネルをメインチャンネルとして活動しています。

動画は下ネタが多くてノリもかなり軽いので、好き嫌いがハッキリしそうです。

レペゼン地球は今年4月30日にドーム公演の開催を発表し、その準備に専念するとして活動を休止。

その後、同じ事務所の女性タレント・ジャスミンゆまがTwitterでDJ社長によるパワハラを告発したが、後日配信された動画でパワハラは事実ではなかったこと、一連の騒動はジャスミンをプロモーションするための「炎上商法」であったことがネタばらしされ、ネット上で大きな批判を浴びました。。

そして炎上の影響により、7万人を動員予定であった9月7、8日の埼玉・メットライフドーム公演「レペゼン地球ドーム2Days ~地球事変~」の中止を発表していた。

しかし、そんなお騒がせDJ集団ですが、若者からの人気は絶大で炎上したことにより知名度が上がりファンも倍増したと言う。
Yahooニュースに載るなどで世間を騒がせ続け、まさにYouTube業界の異端児です。

レペゼン地球 とは?

DJ地球・DJふぉい・DJ銀太・DJまる・マネージャー(MG)脇の5人(※最終的には11人組になるとのこと)からなるレペゼン地球。YouTubeチャンネル登録者数は、200万人(※11月15日現在)を超えています。

しかし、レペゼン地球はYouTuberではなく、あくまでも“DJ集団”。意欲的に楽曲制作に取り組み、2016年から現在までにYouTubeチャンネルで69曲のシングルを発表。『YSP』の約1390万回視聴を筆頭に、『レペゼン』約1970万回、『バスターコール』約1400万回と驚異的人気ぶりで、動画ソーシャルアプリ「TikTok」の影響もあり、その知名度は増すばかりです。

レペゼン地球がCBDを愛用中?

若者から大人気のレペゼン地球が今回の12月11日にUPした動画でCBDMAXと言うVAPEを使用した企画動画がUPされ、世間では賛否両論の声が上がっています。
と言うのも、このCBDMAXと言うVEPEには大麻から抽出されるCBDと言う成分が100%配合の製品にります。

日本では昔から「大麻=危険・違法」と言うイメージが有り、特に最近では沢尻エリカや田代まさしなどが、覚醒剤の使用により逮捕される事件が世間を騒がしている中で、大麻の成分配合のVAPEを使用した攻めた企画をUPした事で世間を騒がしています。

そこでこの記事では、若者に影響力があるレペゼン地球が使用していたCBDMAXと言うVAPEの副作用や違法性に関して書いていきます。

CBDMAXとは?

CBDMAXとは、大麻から抽出されるCBD(カンナビジオール)と言う成分が100%配合されたVAPEになります。

効果効能としては、リラックス効果やストレス解消効果などがあります。
特に最近では、レペゼン地球以外に「シバター」や「ラファエル」「ヘラヘラ三銃士」などの有名YouTuberなども使用していて、YouTube界隈ではかなり流行っているVAPEです。

CBDMAXは合法?

大麻から抽出した成分を100%配合しているのであれば、違法ではないのか?と言う疑問が生まれるのは当然の事です。

結論から言うと、日本で使用することは「合法」になります。

CBD MAXは、厚生労働省監視指導麻薬対策課の厳格な許可を得て輸入されています。

でも「CBD」って大麻なのになんで違法じゃないの?って思った方のために、大麻の成分について詳しく解説していきます。

まず、大麻にも大きく分けて「THC」と「CBD」の2つの成分があります。

「THD」=違法:ハイになったり向精神作用がある成分
「CBD」=合法:リラックスや不眠症改善効果がある成分

このように、日本ではハイになる「THC」が違法
CBDMAXに配合されている「CBD」は合法になります。

CBDMAXの安全性や副作用は?

CBDMAXが日本でも合法という事がわかっても、大麻の成分という以上、安全性や副作用が大丈夫なのかが気になるところですよね?

そこで、公式ホームページを見ていると気になる文言がありました。


公式サイトはこちら

CBD成分の効果効能をWHOが認めた。という記載と画像が乗っていました。

これが本当なのかを調べていくと、これは実際に根拠のある事実でした。
実際に2017年11月に発表されたCBDに関するWHOの報告書がありました。
その報告書では、安全性・効果効能・依存性に対して以下の発表がされていました。

  • 安全性:ヒトにおいて CBD は、乱用あるいは依存可能性を示唆する作用を示さない。 
  • 効果効能:CBD が多くの他の健康状態のために有用な治療である。
  • 依存性:効果が切れると逆にけだるさや疲労感がくることもない。

この様にCBDは危険性や副作用はなく、安全な物といえます。

CBDMAXの効果効能は?

CBDMAXに期待できる効果として

  • 心のリフレッシュ
  • 睡眠障害の解消
  • テンションが良い感じに

などが期待できます。

また、WHOの報告では、

  • てんかん
  • うつ病
  • 摂食障害

などの病気にも効果があるという臨床実験がされているとのことです。

CBDMAXを使用する際の注意点

CBDMAXを購入する上での注意点ですが、VAPE(べイプ)ですのでいわゆる電子タバコのような使い方をしますがCBDMAXはタバコではありません。
タバコではないのでニコチンタールは一切含まれていないところも特徴です。

喫煙者の方がタバコをイメージしているとしたら、それは違いますので購入の際には注意が必要です。
大麻の成分なので購入や所持する上で心配という方もいらっしゃいますが、非合法とされる大麻成分であるTHC(テトラヒドロカンナビノール)は一切含まれておらず、WHO(世界保険機構)においてしっかりとした安全性が認められた成分のみでできていますので、日本国内でも安心してご購入いただけます。

CBDMAXのようにCBDを電子タバコやべイプのように煙として吸引するものもありますが、肺疾患の原因と考えられる有害な成分を使用しているものがあるとアメリカのニュースで報じられていいるようですが、CBDMAXはそのような成分を一切含んでいないので安心して購入できます。

CBDMAX公式サイトはこちらから

タイトルとURLをコピーしました