CBDMAXとDR VAPEの商品の比較

さまざまな効果が期待され、日常生活に取り入れたいと思っている人が少なくない「CBD」は、これを含んだ製品を購入・使用するのが最も導入しやすい方法です。しかし、一口に「CBDを含んだ製品」といっても種類があり、選択肢がある以上は「比較」が欠かせません。

この記事では、以下の内容について解説します。

・CBDとは何か

・CBDMAXとDR VAPEを7つのポイントで比較

・各社の製品のメリット・デメリット

「CBDMAX」と「DR VAPE」の特徴やメリットを理解することで、どちらにすべきか迷っている人にとって有益な情報になると思います。

【CBDMAX公式サイト】はこちら
【DR VAPE公式サイト】はこちら

■CBDとは何か

まず最初に「CBD」とはどんな成分なのかについて解説します。

CBDは「麻」から抽出される成分であり、正式には「カンナビジオール」という成分名です。違法薬物のような向精神作用を示す成分ではなく、むしろ流通しているCBD製品を使用するとリラックスできるという意見が数多く見られています。

医療分野においても、CBDは注目されています。「てんかん」「慢性痛」「睡眠障害」をはじめとして、さまざまな症状・疾患の改善に役立つことが期待され、現在も研究が進められています。

「麻」と聞くと、良くない想像をされる方も少なくないと思います。しかし、前述のとおりCBDは「THC」のような向精神作用は示さず、日本で流通が認められているCBD製品はTHCを含まない部位からの抽出物に限定されています。そのため、日本の法律でもCBD製品の流通が認められており、安心して利用できるのです。

健食スペシャリス
健食スペシャリス

CBDは麻の抽出物ですが危険なものではなく、リラックス効果や健康への寄与など、良い影響が期待されている成分なのです。

■CBDMAXとDR VAPEを7つのポイントで比較

CBD製品としておすすめする商品の1つに「CBDMAX」という電子タバコがあります。そこで、同じく電子タバコである「DR VAPE」と比較してみたいと思います。

  CBD MAX DR VAPE
コスパ
品質・安全性
容量・成分
満足感
CBD感
△~◎
デザイン

●コスパ

まずは「コスパ(コストパフォーマンス)」です。いかに購入費用に対して高い効果や満足感を示すか、その度合いについて比較してみたいと思います。

CBDMAXの購入費用は相応のものではありますが、注目したいのはCBDMAXが「蒸気摂取タイプのCBD製品である」というポイントです。CBD製品には「蒸気摂取」と「経口摂取」の2つのタイプが存在するのですが、吸収効率の観点から言えば蒸気摂取タイプのほうがメリットが大きいのです。

一方で、DR VAPEのコスパも良く評価しております。電子タバコの中でも「カートリッジタイプ」に該当するDR VAPEは、一般的なタバコと比較しても遜色ないコスパを示しています。

●品質・安全性

次に品質と安全性について比較してみます。少なからず人体に影響する製品である以上、安全性の確保されている商品でなければ、使い続けることは難しいでしょう。

CBDMAXは、厚生労働省が実施している検査に合格しています。この検査は厳しい基準が設けられており、その基準を満たしているということは「日本国内での使用に適している」ということが、厚生労働省によって認められているということなのです。

DR VAPEも、高い安全性等を示しています。「ニコチン」「タール」「タバコの嫌な臭い」という、タバコにおける内外への悪影響となる3つの存在が解消されている電子タバコなのです。つまり、DR VAPEを使用しても自身や周囲の人への健康被害や臭いによる迷惑が発生しないのです。

●容量・成分

次は「容量・成分」に関する比較となります。ここからは、CBDMAXとDR VAPEの違いについて明確に比較することになると思います。

CBDMAXは、1回の配送で2本分、1本で500回の吸引が可能であるとされています。よほど頻繁に吸引しない限りすぐに無くなるということはなく、1ヶ月2本の配送で足りなくなるということはあまり考えられません。

一方でDR VAPEは1セット3本のカートリッジ、1本あたりこちらも500回ほど吸引可能であるとされています。しかし、DR VAPEにはCBDが含まれていないので、容量や成分において本記事のテーマである「CBDを摂取する」ことに注目すれば比較対象にはならないといえます。

●満足感

次は「満足感」に関する比較です。ここではCBDのみに着目するのではなく、あくまでも「その製品を使用してみた満足感」について比較してみたいと思います。

CBDMAXは、公式サイトで3種類の口コミが掲載されています。どの口コミもCBDMAXを使用してみて、生活に良い影響が出ているという感想が述べられています。CBDはリラックス効果や安眠効果などが期待できるため、ストレスや睡眠トラブルに悩んでいる人にとって高い満足感を得られる可能性が高いのです。

DR VAPEは、スターターキットが「Amazon」で約150件、「楽天市場」では約190件のレビューが投稿されています。5段階評価で4前後の平均評価を得ており、満足感の高さをうかがわせます。

●CBD感

次は「CBD感」です。使ってみて、どれだけCBDの恩恵を実感できているかを比較することになります。しかし、前述のとおりDR VAPEにはCBDが含まれていないため、比較のしようがありません。

CBDMAXに関しては、公式サイトの口コミにおいてリラックス効果や安眠効果を実感できていることから、CBDの効果を相応に実感できていることが想像できます。せっかく相応の料金を支払って利用することになるのですから、生活に直結する効果を実感したいところです。

●味

次は「味」に関する比較となります。電子タバコは口にする製品であるため、味に関する評価も決して無視できません。「良薬、口に苦し」とはいいますが、味の良くないものを長く続けることは苦痛でしかありません。長く続けることを想定すれば、少しでも味の良い製品であることが必要になるのです。

CBDMAXは、味に関する評価をネット上で見つけることはできませんでした。

DR VAPEには、6種類のフレーバーが用意されています。スモーキーなタバコ感が心地よい「クラシックスモーク」、クセになるほろ苦さがある「ワイルドビター」、スッキリとしたリフレッシュ感のある「ミントメンソール」、コクと香りを楽しめる「リラックスバニラ」、芳醇な甘さを持つ「ジューシーマスカット」、甘さにキレのあるフルーティー感の「ピュアアップル」と、それぞれ異なる魅力を持っています。味の好みは人によって異なりますので、自分に合ったフレーバーを見つけることで味の満足度を高めることができます。

●デザイン

最後は「デザイン」です。デザインは品質そのものに影響するものではありませんが、電子タバコは使用中に他人から見られるものですから、良いデザインであることに越したことはありません。

CBDMAXは緑と黒が2:1くらいの割合で、白い植物模様があしらわれたデザインとなっています。さまざまな場所での使用に親和性が高く、男女問わず使用するのに違和感がありません。

DR VAPEはシンプルな、白ベースのデザインと黒ベースのデザインの2種類のスターターキットを購入できます。シンプルなデザインはやはり親和性が高く、他人から見られても恥ずかしくないデザインに仕上がっています。

健食スペシャリスト
健食スペシャリスト

「電子タバコとしての比較」は互角、「CBD製品としての比較」はCBDMAXが無条件に勝利となります。

■各社の製品のメリット・デメリット

次に、CBDMAXとDR VAPEそれぞれのメリットとデメリットについて解説します。

●CBDMAXのメリット・デメリット

CBDMAXのメリットは「蒸気摂取型のCBD製品である」ということです。CBD製品として知名度が高いのは「CBDオイル」などの経口摂取型のCBD製品であり、電子タバコと比較して使い勝手が良い一方で、消化器官からのCBD摂取は吸収効率が悪いのです。

蒸気摂取する場合、消化器官からの吸収ではなく、肺の毛細血管から直接CBDを摂取することができます。消化器官からの吸収と比較して「酵素の影響を受けない」という点が大きなアドバンテージとなり、高い吸収効率と、そこからもたらされるコスパの高さを実現するのです。

デメリットとしては、電子タバコとして「使い捨てタイプである」ということです。電子タバコにはCBDMAXのような使い捨てタイプの他に、DR VAPEのような「カートリッジタイプ」、液体を補充して使いまわせる「リキッドタイプ」の3種類があります。使い捨てタイプは補充や交換の手間がかからない一方で、本体ごと廃棄するためコスパは3種類の中で最も悪くなってしまうのです。「CBD製品としてのコスパは良い」一方で「電子タバコとしてのコスパは悪い」という、コスパにおける二面性を持っていると言えます。

【CBDMAX公式サイト】はこちら

●DR VAPEのメリット・デメリット

DR VAPEのメリットは「コスパが良い」ことと「フレーバーが豊富である」ことが挙げられます。

DR VAPEは普通にタバコを購入する場合と費用がさほど変わらず、禁煙や節煙をしたい人にとって費用負担を増やさずにそれを実行できるというメリットがあるのです。

また、フレーバーが6種類あるという点も大きなメリットです。タバコ感の強いフレーバーや、女性ウケの良いフルーティなフレーバーまで、さまざまな味を楽しむことができます。好みの味を見つけやすいだけでなく、さまざまなフレーバーを使い分けることでその時の気分にあった味を楽しんだり、飽きずに使い続けられるという利便性の高さも魅力です。

デメリットとしては(デメリットと言うべきかどうか微妙ではありますが)、そもそも「CBD製品ではない」ということです。DR VAPEにはCBDが一切含まれておらず、CBDを摂取することができません。電子タバコとしては優秀な特徴を持つ一方で、CBD製品としての比較では土俵に上がることすらできないのです。

CBDMAXとDR VAPEを比較するにあたって「電子タバコとして」であれば、比較のしようがあります。しかし本記事のテーマである「CBD製品として」比較するのであれば、比較のしようがありません。禁煙や節煙目的で使用するのであれば、ニコチン・タールの類が含まれないためどちらも魅力的ですが、CBDの効果でリラックスや安眠効果を実感したいのであればCBDMAX一択となります。

【DR VAPE公式サイト】はこちら

健食スペシャリスト
健食スペシャリスト

CBDの面で比較すれば、DR VAPEにはメリットがありません。CBD製品を購入したいのであればCBDMAXを選んでください。

■まとめ

最後に、この記事の内容について簡単におさらいしておきましょう。

  • CBDは麻の抽出物、リラックス効果などが期待できる
  • CBDMAXは使い捨てのCBD入り電子タバコである
  • DR VAPEはCBDが含まれていない電子タバコであり、フレーバーが豊富

電子タバコとして比較すれば、どちらも魅力的な商品であることは間違いありません。しかし、あなたが「CBDを生活に取り入れたい」というのであれば、CBDが含まれていないDR VAPEでは希望する役目を果たすことはできません。

CBDMAXは電子タバコとしてだけではなく、CBD製品としてもおすすめの一品です。CBDを生活に取り入れて、充実した毎日を送りたいのであれば、試してみる価値が十分にあるといえます。

タイトルとURLをコピーしました