CBDMAXとHemp Medsの商品を徹底比較!

この記事をご覧になっているということは「CBD」という成分と、それを利用した製品に興味がおありということでしょう。CBDには生活上さまざまなメリットがあり、CBD製品を利用することで簡単にCBDを生活に取り入れることができます。しかし、どの商品が良いのかは、一目では判別することが難しいでしょう。

この記事では、以下の内容について解説します。

・CBDとは何か

・CBDMAXとHemp Meds商品を7つのポイントで比較

・各社の製品のメリット・デメリット

CBDを生活に取り入れるうえで、CBDMAX(シービーディーマックス)やHemp Meds(ヘンプメッズ)のCBD製品を利用することにどのようなメリットがあるのかについて、さまざまな観点から解説を進めていきます。

■CBDとは何か

最初に、そもそもCBDとはどのような成分であり、私たちの生活にどのように関係するのかについて解説します。

CBDとは「カンナビノイド」という成分の一種であり、エンドカンナビノイドシステムという体の仕組みに深く関わっています。老化やストレスによって「カンナビノイド欠乏症」になると、さまざまな不調の原因になることがわかっています。

CBDを積極的に摂取することで、カンナビノイド欠乏症を予防・改善できます。CBDは「麻」の抽出物ですが、「THC」と違ってハイになるような向精神作用を示す心配はありません

つまりCBDは、健康を維持することができる麻の安全な成分であるということです。もちろん日本の法律でもCBDは規制されていないので、THCが含まれていなければ日本での使用について何ら法的な問題はありません。

健食スペシャリスト
健食スペシャリスト

CBDはカンナビノイド欠乏症を予防することで健康的な暮らしをもたらしてくれます。向精神作用はありません。

■CBDMAXとHemp Meds商品を7つのポイントで比較

CBDには上記の他にも医療分野において「てんかん」や「炎症」等に関する治療効果などについて研究が進んでおり、これを生活に取り入れるためにはCBDを配合している製品を利用するのが手っ取り早いです。そこで、「CBDMAX(シービーディーマックス)」という商品と、「Hemp Meds(ヘンプメッズ)」というメーカーから出ているCBD製品について、7つのポイントで比較してみたいと思います。

  CBD MAX Hemp Meds
コスパ △~◎
品質・安全性
容量・成分 △~◎
満足感 〇~◎
CBD感 〇~◎
×~〇
デザイン △~〇

*上記の評価は公式情報やレビュー・評判などを参考にして、独自に評価したものです

●コスパを比較

1つ目の比較ポイントは「コスパ(コストパフォーマンス)」です。CBD製品はどれも基本的にそれなりのお値段になりますから、少しでもコスパの良い商品を選びたい気持ちが強く表れるでしょう。

CBDMAXは、CBD製品の中でも特にCBDの吸収効率が良い「蒸気摂取タイプ」に分類されます。これは「電子タバコ」の形で使用するCBD製品であり、CBD入りのリキッドを気化させることで肺の血管を通じてCBDを吸収する形となります。CBD製品は基本的に濃度と容量が多いほど高額で販売されているのですが、同じ濃度であれば吸収効率が良い方がコスパに優れているということです。

Hemp Medsの場合、業務用と見間違えるような大容量のCBDオイルが販売されています。大容量である分、容量当たりのコスパは非常に良好です。商品には種類があり、濃度と容量がそれぞれ異なるので、コスパは良いものと良くないものがあります。コスパを重視する場合、値段当たりのCBD配合量を計算して、値段あたりの配合量の多い商品を選んでください。

●品質・安全性

2つ目の比較ポイントは「品質・安全性」です。CBD製品は基本的に輸入品になりますから、海外製の製品に対する日本国内での使用における安全性の確保は重要なポイントです。

CBDMAXは、厚生労働省の監視指導麻薬対策課の厳しい審査に通って輸入されています。日本人にとって安全に使用できることが厚生労働省によって認められているということなので、品質や安全性は極めて高いといえます。

Hemp Meds商品は、CBDなどのカンナビノイド濃度をはじめとして農薬や重金属、細菌類などに関するISO(国際標準機構)の承認試験所による品質管理試験を実施しています。天然由来ゆえの農薬などの原材料由来の薬物等に関しても検査されているので、高い品質と安全性を確保しているといえるのです。

●容量・成分

3つめの比較ポイントは「容量・成分」です。いかにCBDが優れた成分であるとはいえ、ほんのわずかでも含まれていれば良いというわけではありません。また、すぐに使い切ってしまうようでは頻繁に購入しなければならず、利便性が悪くなります。

CBDMAXは、1回の配送で2本分、1本あたり400~500回の吸引が可能であるとされています。毎月自動的に配送される仕組みで販売されているので、1日当たり26回ほど吸引可能です。使用スタイルにもよりますが、不足するようなことは無いでしょう。

Hemp Medsは、通常であれば数十mlの容量で販売されているCBDオイルを、200ml以上の大容量で販売している商品があります。容量当たりのコスパにも優れている商品なので、CBDオイルを日常的に長く使い続けたい人にとって利便性が高いです。

●満足感

4つ目の比較ポイントは「満足感」です。お金を支払って商品を購入して使用するわけですから、使ってみていかに満足できるか、その満足感の大きさは商品比較において重要なポイントの1つです。

CBDMAXは、公式サイトに使用者のレビューが掲載されています。リラックス効果や安眠効果など、生活におけるさまざまな場面においてCBDの恩恵を受けていることに満足しているコメントとなっています。

Hemp Meds商品も、CBD製品を販売しているサイトにおいて購入者のレビューが多数掲載されています。レビューの総合評価が高く、コスパの良さや味の良さ、効果の現れ方などに満足感を感じている様子がうかがえます。

●CBD感

5つ目の比較ポイントは「CBD感」です。CBDを使ってみて外見的なわかりやすい変化をするということは基本的にありません。目に見えない「CBDの効果を受けている!」という感覚の感じやすさもまた、CBD商品選びにおいて重視したいポイントです。

CBDMAXは電子タバコなので気化したCBDを肺の血管から吸収します。そのためCBDの効果が出るまでの即効性が高く、効率よくCBDの恩恵を受けることができます。この点は、蒸気摂取型のCBD製品の最大のメリットであるといえます。

Hemp Meds商品については、購入した商品ごとに評価が大きく分かれます。経口摂取タイプである以上、CBDの効果をどれくらい得られるかは「CBDの濃度」が大きく関わっています。CBD濃度が高濃度の商品を選べばCBD感を感じやすいでしょうが、初心者向けの低濃度~中濃度の場合だと、物足りなさを感じてしまう人もいるかもしれません

自分に合った効果の出方をするCBD製品を選ぶことが、CBD感をどれくらい感じられるかを大きく左右することになります。

●味

6つ目の比較ポイントは「味」です。CBDの品質自体には影響しないものの、果たして「良薬口に苦し」が美徳かといえばそうでもありません。どうせなら、少しでも味が良いほうが使い続け安いのではないでしょうか。

CBDMAXは、公式ではオーガニックフレーバー味と記載されていますが、実際に吸ってみるとカモミール系のアロマの香りに近いイメージですが甘ったるい感じはありませんので、アロマの香りに抵抗感のある男性でもCBDMAXは気軽に吸うことができます。

Hemp Meds商品は、商品ごとに味に関する評価が大きく異なります。レビューを見るとおおむね良好な評価が下されており、「エグみは感じない」「マイルドな味」といった評価が見られます。ただし、味の感じ方は好みが分かれることと、他社のような味のバリエーションが無いので、「×~〇」という評価にしています。

●デザイン

最後の比較ポイントは「デザイン」です。これも品質には関係しないステータスですが、人の前で使用するシーンを想定すれば、外見の良さは無視できないステータスの1つとなります。

CBDMAXは、緑と黒をメインカラーとして、白い模様があしらわれています。おおむね良好なデザインであり、場所を選ばずどんなところで使用しても親和性の高さを発揮してくれることでしょう。

Hemp Meds商品は全体的にシンプルな仕上がりとなっています。一部、医薬品のような見た目をしている商品があるので、仕事場など他人の目が気になる場所での使用は控えた方が良いかもしれないと感じます。

健食スペシャリスト
健食スペシャリスト

使用者のレビューを見ることで使用前でも商品の品質が一部判明します。購入に際しては何を重視するかを明確にしておくと良いでしょう。

■各社の製品のメリット・デメリット

最後に、CBDMAXとHemp Meds商品のメリットとデメリットについて、それぞれ解説します。

●CBDMAXのメリット・デメリット

CBDMAXは、「蒸気摂取できるCBD製品である」という点が大きなメリットです。経口摂取(消化器官からのCBD吸収)の場合だと酵素の影響でCBDが分解され、その効果を最大限発揮できなくなります。蒸気摂取は酵素の影響を受けない毛細血管からの吸収となるため、効果の大きさだけでなく効果の現れ方の早さの点でもメリットがあります。

また、禁煙グッズとしても活用することができます。CBDMAXにはニコチンなどの有害物質は含まれておらず、リラックス効果などの影響で禁煙の悪影響を受けにくくなっています。これから禁煙したいけれど無理したくない人にとって、CBDMAXは低負担で禁煙を進めやすい補助グッズとしての活用法を見出すことができます。

デメリットも同様に電子タバコであるということ、具体的には「使用できる場所が限定される」ということです。例えばあなたが禁煙中に禁煙スペースにいるとして、ニコチンが含まれていないからと言って電子タバコを近くで吸われてどう思いますか?不快であり、マナー違反であると感じるでしょう。

電子タバコもまた、通常のタバコと同様に喫煙マナーを守る必要があります。喫煙可能な場所で、節度をもって吸引する必要があります。

●Hemp Medsの商品のメリット・デメリット

Hemp Meds商品のメリットは「商品のバリエーションが豊富である」ということが挙げられます。CBDオイルの他にペーストタイプや粉末タイプなど、形状の異なるCBD製品が幅広いバリエーションで用意されています。

また、それぞれ濃度や容量が異なるため、希望する濃度や容量の商品を好きなスタイルで購入できるという点もメリットとなります。商品によっては数個セットでの販売で、1個当たりの価格を抑えられているものもあります。

デメリットは「高額な商品も多い」ことです。一般的なCBD製品は1万円前後~3万円弱程度なのですが、Hemp Medsの場合は数万円クラスの商品が目立ちます。しかも初心者向けの低濃度のCBD製品に限って高額であるという厄介な性質も持ち合わせています。

初心者がいきなり数万円の投資は、なかなか勇気が必要な行動となります。これから初めてCBD製品を手にしようとする人にとって、Hemp Medsは選択肢として難しい判断を迫られることになるかもしれません。

健食スペシャリスト
健食スペシャリスト

CBDMAXは蒸気摂取できる点が、Hemp Medsは使用スタイルに合わせた商品選びができる点がメリットとなります。

■まとめ

最後に、この記事の内容について簡単におさらいしておきましょう。

・CBDは体調に関係する体の仕組みに影響する、危険な成分ではない

・CBDMAXはコスパや安全性に優れ、Hemp Meds商品は種類によって特性が異なる

・CBDMAXは喫煙場所でないと使用できず、Hemp Medsは高額な商品も多い

すべての点において優れた商品は存在せず、比較すれば何かしらの点において他より優れたところもあれば劣っている点もあります。CBD製品を選ぶ際には自分が何を重視して商品を購入したいのかを明確にして、公式情報やレビューなどを参考にしながら最適な商品選びをすることが重要です。最適なCBD製品を選び、CBDの効果を生活に反映してください。

タイトルとURLをコピーしました