がん予防にCBDって効果あるの?

アメリカを中心に人気を集めており、日本でも認知度を高めつつある「CBD」。一般的に流通しているCBD商品では、リラックス効果やストレスの緩和、睡眠改善といった効果が期待されています。

ただ、CBDに期待されている効果はそれに止まらず、さまざまな症状に対する治療への応用の可能性を秘めています。

今回はCBDが癌に対して効果があるのかという疑問について詳しく解説していきます。

CBDってどんなもの?

まずは、CBDという成分がどのようなものであるかを理解していきましょう。

CBDは「カンナビジオール」と呼ばれ、麻に含まれている成分です。主に麻の「」や「種子」から抽出されます。同じ麻から抽出される成分の1つに精神活性作用を伴うTHC(テトラヒドロカンナビノール)がありますが、こちらは麻の「花冠」や「」から抽出されます。

CBDは、THCのような精神活性作用が伴わず安全性と忍容性が広く認められた成分でもあります。身体依存や乱用の可能性も低く、CBDオイルやCBDリキッドといった形で商品が流通しています。

CBDの安全性については、WHO(世界保健機関)も認めており、2017年に発表された「カンナビジオール (CBD)事前審査報告書」によると、CBDTHCが生み出すような作用を持っておらず、良好な安全性と忍容性があると評価しており、身体依存についても可能性は低いと言われています。

「麻」と聞いて国内での合法性について気になる人もいるかもしれませんが、日本の大麻取締法ではCBDが規制の対象外であることが明記されています。

【大麻取締法第1条】
「この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。」

CBDは麻の種子や茎から抽出される成分なので、法律でも明確にこれらの製品は「除く」と記載されています。

CBDの効果について

では、CBDにはどのような効果が期待されているのでしょうか。一般的に流通しているCBD商品には、CBDの効果について以下のような記載がされていることが多いです。

・リラックス効果
・ストレスの緩和
・睡眠改善

これらの効果については体内に備わっている「エンド・カンナビノイド・システム」という機能が関わっています。

エンド・カンナビノイド・システムとは、人間が生きていくために行う身体調整機能のことで、食欲や痛み、免疫、ストレスなどの調整機能を行うことで体の調子を整えることができます。

しかし、強いストレスを外部から受けることで、この機能の働きが弱まり「カンナビノイド欠乏症」を引き起こします。これが不眠症や不安、食欲不振といった体の不調として表面化します。

こういった「カンナビノイド欠乏症」に対して、CBDを摂取することによって症状を緩和することができます。CBDには、強いストレスを感じることが多い現代社会人にとって、体調を整えるために必要な成分であることが伺えます。

さらに、CBDの効果に関する研究は国際的に広く行われており、幅広い臨床試験によってあらゆる疾患への効果に期待が集まっています。

「日本臨床カンナビノイド学会」では、CBDに関する研究論文を収集し、疾患ごとにCBDの効果について信頼性の高いものを評価しています。

そのうち、信頼性が高いと評価された疾患としては以下のようなものが挙げられます。

・進行性癌に伴う痛み
・皮膚癌
・胃食道逆流症
・不眠症
・神経障害-エイズ関連
・線維筋痛
・化学療法に伴う悪心・嘔吐
・嘔吐
・糖尿病性潰瘍
・皮膚炎/湿疹
・統合失調症
・全身性硬化症
・創傷
(手術後)
※5点満点の評価で4点以上の評価が下された疾患

このようにさまざまな疾患への治療としてCBDが応用できる可能性が研究されています。

さらに研究段階ではありますが、パーキンソン病や神経疾患、うつ病、てんかん、精神疾患、偏頭痛といった疾患への効果が研究によって期待されており、今後あらゆる治療に応用されると考えられます。

CBDは癌にも効くのか?

現状としてCBDの癌への効果に関する研究は進められているものの実用レベルで癌の治療に関するCBDの有用性は明らかになっていません。

現状として考えられる効用としては、抗がん剤治療に伴う副作用を抑制するためにCBDが応用される可能性が指摘されています。抗がん剤の使用によって生じる嘔吐や癌に伴う痛みを緩和するためにCBDが使われていくと考えられるでしょう。

CBDの鎮痛作用や嘔吐の抑制は広く認められた効果でもあり、癌を直接治療するために用いられることはまだありませんが、副作用に対する治療薬や癌症状に対する痛みの緩和といった効果は認められています。

また、アメリカでは治療用として用いられるTHCと比較してもCBDは精神活性作用を生み出さない安全性の高い成分として認められているため、そういった観点からも治療への応用が期待されます。

CBDの効果事例

CBDの癌に対する効果については未だ「研究段階」という評価が適切だといえます。ただ、世界にはCBDによって重病を克服したという事例が数多くあり、CBDの注目度を高めています。

ランドン・リドル-白血病をCBDオイルで克服₋
幼い男の子のランドン・リドルは白血病の診断を受け、生存率が8~10%しかないという状態でした。当初は化学療法による治療を行っていたのですが、1日50回にも及ぶ嘔吐や食事の拒否など副作用によって症状を悪化させてしまいます。

そんな中でCBDオイルと出会い、CBDによる治療を始めます。

CBDオイルによる治療を始めてから数日で嘔吐が治り、食欲も改善しており、症状もほぼ完治している状態にあるそうです。

デニス・ヒル
生化学者のデニス・ヒルは前立腺癌のステージ4と診断されしたのですが、そこから奇跡的な回復を遂げます。その回復のためのアプローチとしてヒルが述べたのが、放射線治療や化学療法、手術を辞め、CBDオイルを選んだと答えています。

CBDオイルによる治療の結果、わずか6ヶ月以内に癌が完治したと報道されています。

まとめ

CBDの可能性についてはさまざまな事例も発表されている中で、今後積極的に研究が進められていくことが予想されます。現状としては日常生活に取り入れて生活の質を向上させる効果が期待されるCBDですが、今後あらゆる疾患の治療に応用されていくかもしれません。

さまざまな可能性を秘めたCBD、皆さんも注目してみてください。

タイトルとURLをコピーしました