CBD製品に使用リスクはある?|医療効果とともに解説!

近年アメリカをはじめとした諸外国で大ブームを引き起こしているCBDをご存知でしょうか?

日本でもYouTuberの方が紹介したりしたので、少しは知ってるという方もいるのではないでしょうか。

CBDはリラックス効果や医療効果を人体にもたらすことで注目を集めています。

CBDを使いたいけどリスクとかが怖い
CBD製品を試してみたい
という方はぜひご一読ください!

CBDについて正しい知識を身につけて、日々の生活に取り入れてみませんか?

CBDとは

CBDは、カンナビジオール(cannabidiol)の略称で、マリファナから抽出される成分の1つです。
リラックス効果や医療効果があるとされ近年とても注目されています。

マリファナから抽出される成分といってもCBDは合法ですので安心してお使いください。

CBDと対になって一緒に語られることが多い物質の1つにTHCがあります。
THCはテトラ・ヒドラ・カンナビノール(Tetrahydrocannabinol)の略称で、精神に作用したり、多幸感をもたらす物質です。
THCは現在の日本では違法な物質ですので、個人輸入などの際には注意しましょう。

最近では、マリファナを原料としたもの以外に、柑橘類の皮をメインにした原料からつくられるオレンジCBDなども存在します。
大麻由来のものとは違い、無味無臭なのも取り入れやすいとされていて研究が進められています。

CBDが最近注目を集めるきっかけとなった理由のひとつに規制緩和があげられます。
トランプ大統領が2018年の年末に規制緩和を行なったことにより、次々と製品化が進み普及しました。

今後さらにCBDの需要は高まり、普及が進んでいくことでしょう。

CBD製品に使用リスクはあるのか

CBDは近年、急速に研究が進んだものであり、使用効果やリスクについては、いまだハッキリとしない部分が少なくありません。

というのも、マリファナから抽出される成分ということで、正式な研究機関ではまだCBDを詳しく調べてないところがあるからです。

とはいえ、民間レベルや大学の研究機関のレベルでは、CBDの美容効果や医療効果について続々と研究報告があがっています。

CBDが人体に良い影響を及ぼす面があるというのは、間違いないでしょう。
ですが、CBDの使用にあたりまったくリスクがないのかというと、そうでもありません。

FDA(米国食品医薬品局)は2019年の年末に、CBDについて警告をしています。
FDAの警告は、科学的証拠が欠けているために安全性が確認できていないという理由によるものです。

以下ではCBDの医療リスクについてより詳しく解説します。

CBDの医療分野でのリスク

FDA(米国食品医薬品局)がCBD開発会社に警告をする理由の一つに、過剰なマーケティングがあげられます。

CBD開発会社は、CBDはがんの治療に役立つ、と宣伝することがあります。

これは間違ってはない表現なのですが、科学的な証拠が不十分です。それと同時に、表現も間違っています。

CBDがガンの治療に直接役立つといった科学的根拠はいまだハッキリとしていません。
CBDが有効なのは、ガン治療により出てしまう副作用の症状を緩和することです。

科学的根拠が立証されていないにも関わらず、行き過ぎたマーケティングが行われているというリスクは少なからずあるでしょう。

VAPE用CEDリキッドの医療リスク

2018年春、ノースカロライナ州の2つの米軍基地の医療センターで、VAPE用CBD(カンナビジオール)リキッドの使用に関連するとされる健康問題が60件以上報告されました。

患者の症状は、吐き気や頭痛などです。

治療中の他の病気があり、副作用などとの合併症状を引き起こすと最悪の場合呼吸困難などを起こす可能性もあります。

これはVAPEによりCBDを摂取することに関して医療上リスクがあることを示唆しています。

ただ、CBD自体は、気化させてその蒸気を吸い込んだとしても、人間の身体に害はないです。
なので、問題なのはCBD製品の開発に関しての規制自体です。

規制が現状定まっていないことにより、製品の質が保証されていないということが大きなリスクをはらんでいるといえます。
粗悪品のものを使用し続けると、食欲減退や呼吸障害につながるリスクがあるので、注意しましょう。

CBDの医療効果3選

これまでCBDの使用に関する医療リスクばかり解説してきましたが、CBDの医療効果については数多くの報告があるので、CBDの医療効果についても解説していきます!

CBDの医療効果①ストレス緩和

日本は世界有数のストレス社会といわれています。
チューリッヒ生命が発表した2019年の調査では、『職場でストレスを感じる』という人は実に8割を超えるそうです。

CBDは日本社会でも重要な問題であるストレスを緩和することができます。

CBDは緊張や興奮などにより引き起こされる自律神経の乱れを整える効果があります。
そのため強いストレスを感じた時にCBDを摂取するとストレスや不安が緩和されるということです。

ストレスを緩和することにより不眠症の改善にもつながるといわれています。
さらにはうつ病や不安障害にも効果があるとされますます注目が集まっています。

CBDの医療効果②てんかんなどの神経病の症状を緩和

人体にはECSと呼ばれるシステムがあります。
ECSは、エンド・カンナビノイド・システムの略で、人間が元から体内にもっている働きのことです。

CBDはそのECSに作用し、有益な効果を身体にもたらします。
神経間や細胞間でのやりとりを正常化・活性化するため、身体の本来の免疫システムを強化することが可能です。

アメリカに1日に100回もの発作を起こし、てんかんに苦しんでいる11歳の男の子サムがいました。
当時はアメリカではマリファナが違法扱いだったので、イギリスでCBDを利用することにしました。

病院で処方された薬はほとんど効かなかったサムに、CBDを使用したところ発作が治まったといいます。
てんかんなどの神経病は、いまだ原因がハッキリとしていないため特効薬がありません。

CBDが神経病の特効薬になるとはいえませんが、間違いなく多少なりとも効果があることは間違いないでしょう。

CBDの医療効果③肌荒れの改善

CBDには抗炎症作用と抗酸化作用があるため、肌荒れやニキビの治療に役立ちます。
肌の再生サイクルを正常化する働きもあるため、治療後もキレイな肌を維持するために使われることが多々あります。

またCBDには、体内の糖化を抑制したり糖化した細胞を元に戻してくれる抗糖化作用があるので肌の加齢の抑止にも効果的です。

CBDを肌から直接摂取する際はCBDクリームやCBDパウダーを使用するのがおすすめです。

ニキビや肌荒れ、しみやしわで悩んでいるという方は一度試してみてはいかがでしょうか?

まとめ|CBD製品に医療リスクはあるが正しく使えば大丈夫

CBDは今とても注目されているのと同時に、研究段階のものが多いのも事実です。
また法整備が正確になされていないということもあり、製品によっては粗悪なものもあるでしょう。

CBDがリスクを含んでいることは、完全には否定できませんが、人間の身体に有効な効果をもたらすこともまた事実です。
ですので、使用の際は基準を明確にクリアした製品を選ぶようにしましょう。

正しい製品を正しく使って、日々の悩みを改善してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました