CBDが自律神経にもたらす効果とそのメカニズムとは?

CBDをご存知でしょうか?

CBDを摂取することにより、自律神経を整え、ストレスを軽減したり、痛みを止めたりと、様々な素晴らしい効用があります。
ですが、日本にはCBDを懸念する人も数多くいます。
その理由はCBDが麻から作られているからです。

しかし、麻薬だと勘違いしCBDを遠ざけるのは非常にもったいない。
そこでこの記事では、
CBDとは
CBDの効果
CBDの摂取方法
を丁寧に解説していきます。

CBDは、あなたの生活の質を劇的に改善してくれる可能性がありますので、一度目を通してみてください。

CBDとは

CBDとは、カンナビジオールの略です。
医療大麻とも呼ばれています。

「医療大麻?やっぱり薬物なの?」と不安に思う方も多いですよね。

ですが、CBDは薬物ではありません
安全なもので、捕まりもしません。

まず第一に、麻には、以下の2種類があります。
・THC
・CBD
THCは、皆さんが想像する薬物です。
大麻などですね。

THCは麻の穂、葉、根から作られています。
これはしっかり所持、服用が禁止されています。

ご存知の通り、精神錯乱、幻覚、幻聴といった副作用があるからです。
一方、CBDは麻の種と茎から作られています。

種と茎は禁止されておらず、CBDには精神・身体に悪影響を及ぼす成分は含まれていません。
信じられないかもしれませんが、これは1000件を超える医学、薬理学研究により証明されています。

WHO(世界保健機関)もCBDは安全なものだと発表しているのです。
以下はWHOが発表した内容を抜粋したものです。

安全性:CBDは乱用、依存可能性を示唆する作用を含まない
効果効用:CBDは多くの他の健康状態のために有用な治療である
依存性:効果が切れてもけだるさや疲労感が来ることもない

つまり、CBDは治療するための薬だと思っていいでしょう。
麻から取れた薬ではありますが、皆さんが風邪薬や頭痛薬を服用するのと同じようにCBDは服用できます。

では、CBDがもたらす効用、治療する病とは何なのでしょうか。

CBDの効果

CBDには、以下のような病気を改善する効果があります。

・うつ病
・パニック障害
・不安障害
・癇癪
・PTSD(心的外傷後ストレス障害)


上記をカンタンにまとめると、精神系の病気です。

CBDは精神系の病気に特に効果があります。
なぜなら、CBDは自律神経を整える効果があるからです。

まず、自律神経とは、体内の内臓や血管をコントロールする神経のことです。起きているとき・緊張しているときに働く交感神経と、寝ているとき・リラックスしているときに働く副交感神経の2種類があります。

自律神経はこの2つを交互に使い分けて体調を整えるのですが、睡眠不足や、慢性的なストレスを受けることにより、乱れてしまいます。
すると体調が崩れ、病気にかかってしまうのです。
ストレスからくる腹痛や頭痛も自律神経の乱れから病気です。

CBDは自律神経の乱れを整えます
CBDを摂取することにより、交感神経の働きを抑え、副交感神経の働きを活性化させることができるのです。

なので、ストレスを軽減し、リラックスできます。

例えば、癲癇とは、脳内の過剰活動によっておこる病気です。
日本には約100万人もの患者がいます。
CBDは癇癪が引き起こす神経の過剰活動も抑えることが分かりました。

他には「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」は、突発的に嫌な記憶が呼び覚ます病気です。
過去に犯罪に巻き込まれた方や、事故にあった方の、強烈なショック体験、強い精神的ストレスが、こころのダメージとなって、時間がたってからも、その経験に対して強い恐怖を感じてしまうからです。
突然、「怖い体験を思い出す」「めまいや頭痛が起こる」「眠れない」といった症状が出てきます。

CBDは、この「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」にも効果が見られました。
自律神経を整え、徐々に恐怖体験を思い出す回数が減ったのです。
上記は「癇癪」、「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」に効果があったという例ですが、他にもいろいろな精神系の病に効果が見られました。

「自分にはなんの病はない」という方も日々、社会で生きていると、さまざまな状況でストレスを受けますよね。
上司に怒られたときや、満員電車に揺られたとき、子育てや姑関係で疲れる主婦も多大なストレスがあると思います。

夜勤続きで寝不足になっている方も、気付いていないうちに、自律神経は乱れています。
いつ精神疾患にかかっても不思議ではありません。

そんなとき、CBDを摂取することで、リラックスできストレスを軽減できるのです。
慢性的なストレスを放っておくと、うつ病や不安障害に発展する恐れもあります。
なのでCBDは精神系の病の予防にもなるわけです。

さらに、CBDは痛み止めにもなります。
神経を整える作用から、痛みを和らげることができるためです。

本来、痛み止めは、痛みを抑えすぎても問題があります。
痛みは体の危機を教えてくれる合図だからです。
CBDの痛み止めの効果のすごいところは、痛みを抑えすぎない点です。
CBDは痛みを「適正状態まで抑えてくれる」という効果なので、そういった意味でも安全なのです。

CBDの摂取方法

CBDの主な摂取方法は以下の2つです。

・舌の下に垂らす
・皮膚に塗りこむ

それぞれに違ったメリットデメリットがありますので、簡単に見ていきましょう。

舌の下に垂らす方法

CBDの摂取方法として、もっとも効果的なのが「舌の下に垂らす方法」です。
オイルと混ぜたCBDを舌の下に垂らし、できるだけ口内にとどめておくことで吸収します。
30秒~1分ほど含んだままにしておくと、より効果的なのですが、CBDは苦味が強いので、苦手な方は多いかもしれません。

そこで、チョコレートやチーズ、ヨーグルトで苦味を抑えて摂取する人もいます。
単純にオイルと混ぜて垂らすよりも吸収率は劣りますが、苦味を抑えてくれるので、摂取しやすくなるでしょう。

とくにチョコレートはかなりの苦味を抑えてくれるので、CBDを口から摂取したいけど苦味が苦手な方は試してみてはいかかでしょうか。

皮膚に塗る方法

もう一つの主流な摂取方法は、「肌に塗る」です。

CBDをクリームと混ぜて肌に塗ることにより摂取します。
この摂取方法の一番のメリットは皮膚の再生を促進する効果がある点です。
肌の炎症はCBDを塗ることにより改善されます。

皮膚の病も神経伝達によるものなので、CBDが活躍するのです。
なので以下の方は、CBDを塗ることをオススメします。

・アトピー
・乾燥性敏感肌
・アレルギー性皮膚炎
・ニキビ


CBDの皮膚再生効果を実感できるでしょう。

CBDは日本でも普及するのか?

ここまで、CBDのさまざまな効果を見てきました。
簡単にまとめると以下です。

・CBDは、麻から取れた成分ですが、麻薬ではありません。
・CBDは、自律神経を整えます。
・リラックスを促し、神経系の異常や、精神的な病の改善を促す効果があります。
・CBDを摂取する方法は以下の2つです。
①舌の下に垂らす
②皮膚に塗る
・舌の下にたらすと、苦味が気になりますが、チョコレートなどと摂取することで、取り入れやすくなります。
・皮膚に塗る場合は、皮膚の炎症を改善する効果があります。

では、これ程効果の高いCBDは日本でも流行るのでしょうか。
医療大麻だと呼ばれ、CBDを危険視する人は一定数いますので、正確には言えませんが、普及していくと考えられます。

理由は、これからはセルフケアする時代だからです。
病気にかかったからといって、毎回病院に行く時代ではありません。
もちろん、症状は自己判断になりますが、「風邪をひいたら風邪薬を飲む」、「頭が痛いから頭痛薬を飲む」というのはすでに一般的です。

「リラックスしたいからCBDを飲む」「快眠したいからCBDを服用する」のが、一般化してもなんら不思議ではありませんし、いずれは麻から作られていることなど、忘れられ普及していくでしょう。

今、ストレスに悩んでいる方や精神的疾患のある方は、CBDを試してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました