CBDの使用方法3選と使用する際の注意点を解説!

CBDについてご存知でしょうか?

最近芸能界で、薬物使用でスクープされる方が多いですよね。
CBDは医療用大麻などと同じような働きをするといわれていて、近年とても注目が集まっています。

「大麻!?大丈夫なのか、怪しいものじゃないのか」
と思われた方はCBDについて正しく知る機会になると思うのでぜひご一読ください。

また、
・ニキビや肌荒れで悩んでいる
・慢性的な痛みを改善したい
・神経病について治療の手助けになるものを探している
という方にもCBDはおすすめなので、CBDについて正しく知っていただければと思います。

CBDとは

CBDは、カンナビジオール(cannabidiol)の略称で、カンナビッド・サティバ植物由来の化合物です。

マリファナから抽出される成分の1つで、近年とても注目が集まっています。

マリファナと聞くと危ないものと認識される方が少なくないと思いますが、CBDに関しては日本でも合法のモノですので安心してお使いください。

マリファナ関連でいうとCBDと一緒にTHCについて語られる事が多いです。
THCはテトラ・ヒドラ・カンナビノール(Tetrahydrocannabinol)の略称で、CBDと同じくマリファナから抽出される成分の1つです。

THCには多幸感や錯乱作用があるといわれています。
現状、日本ではTHCが含まれる製品は違法扱いになりますので注意してください。

THCが含まれるという意味合いと同じく、医療用大麻も違法です。
最近ではタイや韓国で医療用大麻は合法化しましたが、日本では現状CBDのみが合法ですので、注意しましょう。

日本ではまだ効用や名前すらも知られていないのが現状です。そこでまず、CBDを知る上で基本的な知識を解説します!

CBDには美容効果や医療効果がある

CBDには注目が集まるだけの様々な効果があります。

ニキビや肌の荒れを治したりなどのスキンケアのような美容効果から、慢性的な痛みを緩和したり神経系の病気の治療にも使われるなどの医療効果もあります。

マリファナから抽出される成分ということもあり、まだまだ研究段階のデータが多いのは事実です。
ですが、たしかな研究報告もあがっているので、以下ではCBDの様々な効果について解説します。

CBDの美容効果

CBDオイルには「抗炎症作用」があるため、様々な皮膚病に高い効果があるといわれています。

主に
・ニキビ
・肌荒れ
・しみやしわ
・アトピーなどの皮膚病
に効果があるといわれていて、日々研究が進められています。

またCBDには抗糖化作用もあるので、年齢肌の原因となる酸化と糖化、両方を防ぐ効果があるのです。

抗糖化作用とは、体内の糖化を抑制したり糖化した細胞を元に戻してくれる働きのことです。

私たちの肌は、一定のサイクルで新しく生まれ変わっているのをご存知でしょうか?
この肌の新陳代謝のしくみをターンオーバーと呼びます。
歳をとるとともに、ターンオーバーの働きが若い頃より弱くなるので、肌の加齢につながるということです。

CBDはこのターンオーバーのしくみを良くする効果もあるので、肌荒れ全般に効くとされています。

CBDの医療効果

CBDにはさまざまな医療効果があり、近年医療業界でとても注目を集めています。
というのも、従来の処方箋では効果がみられなかったものにも有効であることがあるからです。

例えば、てんかんなどの神経病には、抗てんかん薬などが処方されますが、抗てんかん薬では症状が治らないといった例はかなり多くあります。

それがCBDを使うことで、症状が治まったという報告が数多くでています。

CBDが私たちに医療効果をもたらす主な理由の1つはECSの存在です。

ECSはエンド・カンナビノイド・システムの略で、人間が元から体内にもっている働きのことを指します。

ESCは
・食欲
・痛み
・免疫調整
・感情制御
・運動機能
・発達と老化
・神経保護
・認知と記憶
などの機能をもち、細胞同士のコミュニケーション活動を支えているので、体内の働きに大きな影響を与えます。

CBDはこのECSに作用するので、人間の免疫を高めたり、生活サイクルの向上に役立つのです。

CBDの使用方法と注意点

CBDの使用方法は主に
・口から摂取する
・肌に直接塗る
・吸引して摂取する
の3つがあります。

それぞれの使用方法を注意点とともに解説します!

CBDを試そうと思っている方はそれぞれの使用方法を要チェックです。

CBDを口から使用する方法とその注意点

CBDを口から摂取する方法が、CBD摂取する上で1番メジャーな使用方法です。

CBDを口から摂取するにあたり使用する製品はCBDオイルです。
CBDオイルは、CBD製品の中でも汎用性が高く、口からだけでなく肌に塗って使ったりもします。

とはいえ、基本的にはCBDオイルは口から摂取するのが一般的です。
使用する際は、小瓶に入ったCBDオイルを、スポイトや棒などで取って、舌先に垂らします。

ただCBDオイルを舌先に垂らす際の注意点として、CBDオイルはとても苦いという点があります。
最近ではフレーバータイプのCBDオイルも出ていますが、基本的にはとても苦いものなので注意しましょう。

ですので、CBDオイルを口から摂取する時は、甘いチョコレートなどと一緒に口に含んで、苦味を緩和するのがおすすめです。

舌先に垂らして口から摂取するメリットは、CBDの効果が体内をめぐるのが早いという点です。
舌先や口内にはたくさんの毛細血管があるので、効果のめぐりがはやくなります。

ですので、てんかんなどの症状が急性のものにはとても効果的です。
ほかには、不眠改善の効果もあるので、寝る前などに使用するのも良いでしょう。

CBDを肌に塗って使用する方法とその注意点

CBDを肌に塗って使用するのには、CBDクリームやCBDパウダーがよく用いられます。

肌荒れやニキビの治療など、肌に関することにCBDを使用する際は、CBDクリームやCBDパウダーを使用するようにしましょう。

CBDを肌に塗って使用する際は、継続的に使用することが大事なので注意しましょう。
特に肌荒れなどの場合は継続的に使用することで、効果が現れます。

基本的には継続的に使用することで効果が現れますが、アトピーなどで皮膚が痒くなった時などにCBDクリームを使用すると痒みが治るといった報告もあります。

CBDを肌に塗る時の注意点としては、アレルギーに注意しましょう。
もともと持病として、なんらかのアレルギー反応を持っている方が、CBDクリームを使用すると、良くない反応が起きることがあります。

もし、CBDクリームなどを使用して肌にアレルギー反応などがでた場合は、使用を中止し、病院に行くようにしましょう。

CBDを吸引して使用する方法とその注意点

CBDを吸引する際には、CBDリキッドと、吸引機を使用します。

吸引機は、電子タバコやベイプのようなものです。
吸引機にCBDリキッドを入れて、気化させ吸引します。

現在では、パケージの状態からボタン1つでそのまま使用できるタイプのものもあります。

吸引して使用する際の注意点は、初期費用がほかの使用方法よりも高いのと、喫煙に慣れてない人は慣れるまで時間がかかることです。

CBDオイルやCBDクリームは購入したらそのまま使用できますが、吸引タイプのものは吸引機が必要となるため初期費用が割高になります。

パケージ状のタイプのものでも、3〜4ヶ月分購入するような仕組みになっていたりと、初期費用が高いです。

また、ニコチンやタールは基本的には含みませんが、煙を吸って摂取するので、煙を吸うことに慣れてない人は始めはむせたりするかもしれません。

とはいえ、吸引するタイプのものは、一度購入して、使うのに慣れてしまえば、いつでも気軽に使用できるというメリットがあります。

まとめ|使用方法に注意してCBDを正しく使おう

あなたが悩んでいる肌荒れや神経病などの改善に役立つかもしれませんので、ぜひ一度CBDを使用してみてください!

CBDを使用する際は、よく注意書きなどに目を通してから使用するようにしましょう。

正しく使って日々の生活を良くできたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました