話題のCBDの医療的効果を紹介!てんかんに効果はあるのか?

最近ひそかに話題になりつつあるCBDをご存知でしょうか?

「たしかに聞いたことはあるけどなんなのかよくわからない。」
「日本で使用していいものなの?危なくないの?」
「マリファナがどうとかいうあれか。
あまりよくわからないけど医療目的で使われているやつ?」

このように思った方は少なくはないと思います。

この記事ではCBDに関する情報を簡潔に紹介したあと、
CBDのてんかんに関しての医療的効果を紹介します!

CBDとは何か

CBDとは、カンナビジオールの略称で、マリファナ植物抽出物のことです。
「マリファナ?!大丈夫なのか?違法ではないのか?」
そう思った方は多いと思います。

たしかにマリファナといえば日本では違法で、所持していれば罰せられます。

ですがCBDは医療や健康目的でマリファナから抽出される成分で、
日本で使用しても違法ではありません。合法です

マリファナから抽出される成分で、CBDとよく一緒に説明されるのが、
THCテトラヒドロカンナビノール)です。
THCは非常に精神作用性が強く、精神錯乱や幻覚・幻聴を引き起こす可能性があります。
同じ植物から抽出されますが全くの別物で効果も目的も異なります。
そのためこのTHC日本では違法ですので、もし進められたりしたら気をつけましょう。

海外ではマリファナは医療目的で使われることが少なくなく、CBDも同じく、 健康を良くするためのものとして認知・使用されています。

CBDは医療的に効果があるのかないのか研究されている段階のものが多く、
今後、人々の健康に関して大きな可能性を秘めています。
そのため今世界的に注目されている成分です!

CBDがどんな事柄に効果的か

CBDとは大麻草成分の一つの天然物質で、ストレスや不眠に効果があるとされ、
自然療法として利用されています。
ストレスや不眠の治療の他に、以下のような効果もあるとされています。

集中力を高める
慢性的な痛みを軽減する、炎症を抑える
神経系に働きかけ、てんかんなどを軽減する
がんの治療に関連する症状を軽減する

いずれも研究段階のものが多いですが、効果があるとの研究結果も多く出ています。

なぜストレスの緩和や、痛みの軽減、神経系への働きかけのような効果があるのかというと、CBDECS受容体に働きかけるからです。

ECSとは、内在性カンナビノイドシステムのことで、痛み、食欲、睡眠、免疫システム応答などのさまざまな機能の調節に関与しています。

そのECSCBDが働きかけることが、人間の健康や医療に有効活用されています。

メリットは多くあり基本的に副作用がないとされているCBDですが、
副作用の可能性があるとの報告もあります。

起こりうる副作用の種類としては、
・体重の増減や食欲の変化
・下痢
・倦怠感
などがあります。

ですが、基本的には副作用はないので、服用量をしっかり守り正しく使えば、上記のような
効果が得られるでしょう!

以下ではCBDによるてんかん治療について紹介していきます!

CBDとてんかんの効果の関係性

CBDが人間の体にとって、医療や健康の面で良いとされるメカニズムは分かっていただけたかと思います。

現代では様々な病気が存在しますが、医療の発展とともに治療薬が存在するケースも多くなっています。
ですが、アトピーやてんかんなど、多数のケースが報告されている病気でも特効的な治療薬がなかったりするのも現状です。

アトピーやてんかんなどの病気の治療にCBDは大きな可能性を秘めています。

てんかんとは?

てんかんは発作を繰り返す脳の病気です。

てんかんは「脳の慢性疾患」で、脳の神経細胞(「ニューロン」と呼びます)に
突然発生する激しい電気的な興奮(「過剰な発射」と表現されています)により
繰り返す発作(てんかん発作)を特徴とし、
それに様々な臨床症状や検査の異常が伴う、と定義されています。
(「てんかんinfo」https://www.tenkan.info/about/epilepsy/ より引用)

一口にてんかんと言っても多くの種類があり、なおりにくいものと、治りやすいものがあります。
ただ、中には治らないとされているものがあるのも事実です。

CBDはてんかんに本当に効果があるのか

治りにくい、治らないとされているてんかんに、CBDは本当に効くのでしょうか。
現状、CBDは、てんかんや硬化症、パーキンソン病の症状を軽減することが研究でわかっています。

CBDがてんかんに効果があるとするニューイングランドの研究

2018年5月にNew England Journal of Medicineで発表された研究の結果で、
従来の発作薬へのCBDの追加により、
LGSの小児および成人でのドロップ発作の頻度が大幅に減少することを示しました。
※LGS:レノックス・ガストー症候群(Lennox Gastaut Syndrome)、てんかんの一種

この研究では、合計225人のてんかんで毎週2回以上ドロップする人を対象に
投与量別に3つのグループに分けて、効果を測定しました。
研究結果により、高用量のCBDは食欲減退、下痢などの副作用を引き起こしますが、
ドロップ発作の頻度が大きく減少することが証明されました。
ドロップ発作とは気を失ったり、倒れてしまうことです。フェードなどとも言われることがあります。
(参考サイト:https://www.epilepsy.com/learn/treating-seizures-and-epilepsy/other-treatment-approaches/medical-marijuana-and-epilepsy)

CBDがてんかんに効果があるとするイスラエルの研究

治療抵抗性発作を患う92人の小児と若年成人の研究で、
平均19.8ヶ月間大麻油抽出物を使用した患者の32.6%にCBDに対する耐性が現れたと
Tel Aviv Sourasky Medical CenterのShimrit Uliel-Sibonyらが報告しました。

これは、CBDがてんかんに効果があるとする研究結果だが、それと同時に、
長期間服用していくと約30%の確率で、CBDに対する耐性がつくという研究結果でもあります。

また、てんかんの期間が短い患者ほど耐性を発現する傾向が高くなった、とUliel-Sibonyのグループは述べています。

ですが、てんかん患者に使われる薬である抗てんかん薬に加えてCBDを服用すると、
てんかん患者の発作の症状が抑えられるのは事実のようです。
そして研究結果からもわかるように被験者の3分の2の割合で、良い効能がみられていることにも注目するべきでしょう。
(参考サイト:https://www.medpagetoday.com/meetingcoverage/aes/76647)

CBDとてんかんの関係性において正しい知識が必要である

人間の神経系の病気であるてんかんに、人間の神経系に働きかけるCBDは有効な治療法と言えるでしょう。

ただ、服用量や、適切な服用の仕方をしないと副作用が大きくなることもまた事実です。
まだこれから発掘されていく分野なだけに正しい知識と、正しい使用法を知っておくことは
非常に重要なことだといえます。
CBDをてんかんの治療薬として使用する際は、販売元や使用法を自分自身で確認することをおすすめします。

最後に

CBDはマリファナから生成される自然物質です。
マリファナの所持栽培自体は日本では違法ですが、CBDを使用するのは合法で、かつ、
医療・健康に効果的だということはおわかりいただけたでしょうか?

特に本記事でも紹介したように、医療分野では大きな可能性を秘めており、今後の活躍に
期待ができます。
てんかんやアトピーで困っている方や、ストレス・不眠で悩んでいる方はぜひ一度CBDを試してみてはいかがでしょうか?
化学物質ではない、自然由来のものなので、試して見る価値はあるといえるでしょう。

もっと詳しくCBDの効果を知りたい方はこちら!!

タイトルとURLをコピーしました