CBDリキッドおすすめ3選!|最近話題のCBDの効果は?

最近話題のCBDをご存知でしょうか?

CBDはアメリカをはじめとする諸外国では日常から使用されるケースが多い美容効果や医療効果があるものです。

また、リラックス効果があったり、二日酔いに効くとされていてとても注目が集まっています。

最近寝付き!が良くない、あまり眠れない

「前より二日酔いになりやすくなったし、二日酔いの症状がきつい」

「どのCBDリキッドが良いのかわからない」

といった人はぜひこの記事をご一読ください!

CBDの効果を解説したあと、おすすめのCBDリキッドを紹介します!

そもそもCBDってなに?

CBDは、カンナビジオール(cannabidiol)の略称であり、カンナビッド・サティバ植物由来の抽出物のことです。

もっと簡単にいうとマリファナから抽出されるもののことを指します。

「マリファナ!?ってことは危ないものじゃないのか?というか違法?」

と思われた方も、もちろんいると思いますが、安心してください。CBDは日本で合法の物質です。

CBDは、リラックスや快眠を与える効果があり、オイルやクリームのようなもの、吸引するタイプのモノ、口から摂取するものなどがあります。

CBDはマリファナから抽出される物質のあくまで1種類であり、マリファナからは100種類以上の物質が抽出することができるといわれています。

その中でもCBDとTHCは代表的なモノです。

THCはテトラヒドロカンナビノール(Tetrahydrocannabinol)の略で、CBDと同じくマリファナから抽出されます。

CBDは主にリラックス効果などをもたらし、THCは興奮作用多幸感をもたらすといわれています。

THCは日本では違法ですので個人輸入する際はTHCが含まれていないか注意しましょう。

THCは興奮作用のほかに、幻覚作用錯乱作用をもたらす場合があるといわれていて、まだ研究段階のものが多いです。

また、CBDと「医療大麻」との違いも解説しておきます。

まず法律的な観点からいうとCBDは合法成分であるのに対して、医療大麻は違法物質です。

効果は医療大麻はTHCが含まれているためCBDとは少し違った効果をもたらします。

各成分の濃度によって効果が異なります。

マリファナの中でも品種によってTHCの含有量が異なるので、医療用と娯楽用が

わかれているといったイメージです。

CBDを使用する上で、CBD、THC、医療大麻についての区別はしっかりとつけておきましょう。

CBDの代表的な効果3選

CBDにはさまざまな効果がありますが、この記事では代表的な効果を紹介します。

日常的に使うような美容的な効果から、病気のときに使うような医療的な効果まで、CBDには幅広い効果があるといわれています。

以下では

肌荒れやニキビの治療

てんかんなどの神経病の治療

ストレス軽減、抑うつの改善

の3つについて解説します。

CBDの効果①肌荒れやニキビの治療

CBDには「抗炎症作用」や「抗酸化作用」があるため、皮膚の病気や炎症に対して高い効果があるといわれています。

主に

・肌荒れ

・ニキビ

・しみ、しわ

・アトピーなどの皮膚病

に効果があるといわれています。

またCBDには抗炎症作用や抗酸化作用の他に、「抗糖化作用」もあるので、年齢肌の原因となる酸化と糖化の両方を防ぐ効果があるのです。

抗糖化作用とは、体内の糖化を抑制したり糖化した細胞を元のサイクルに戻してくれる働きのことです。

私たちの肌は、ある一定のサイクルで新しく生まれ変わっていて、その新陳代謝のしくみターンオーバーと呼びます。

歳をとると、ターンオーバーの働きが若い頃よりなくなってくるので、肌の加齢につながります。

CBDはこのターンオーバーのしくみを活性化する効果があるので、肌の質の向上に適しています。

CBDの効果②てんかんなどの神経病の治療

CBDがてんかんなどの神経病に効果的だといわれている理由の1つはECSの働きを活性化させるからです。

ECSはエンド・カンナビノイド・システムの略で、人間が元来より体内にもっている働きのことを指します。

ECSは食欲、痛み、免疫調整、感情制御、運動機能、発達や老化、神経保護、細胞間の連絡、認知と記憶などの機能に関わっている非常に重要な働きをしています。

ECSは細胞同士のコミュニケーション活動を支えています。

CBDはこのECSに影響を与えるので、人間本来の免疫力を高めたり、生活サイクルの向上に役立つのです。

CBDの効果③ストレス軽減、抑うつの治療

CBDには自律神経の調整ホルモンバランスの向上といった効果があります。そしてそれらの効果はリラックス効果につながります。

内臓カンナビノイドシステムの働きが低下することは体の不調が起こることを意味しますが、CBDは内臓カンナビノイドシステムの働きを整える働きがあります。

内臓カンナビノイドシステムの状態と睡眠の質は密接な関係にあるため、内臓カンナビノイドシステムの働き活性化することは良い睡眠に繋がります。

人は緊張やストレスを感じると、自律神経の交感神経の働きが活性化します。

これは人間が古来より必要としてきた脳の働きですが、現代では強いストレスが溜まっていき精神病になってしまう場合も少なくありません。

そこでCBDを使用することで、自律神経の交感神経の働きを抑制し不安などを抑えます。

CBDの服用方法のひとつにVAPE(電子タバコ)のように、CBDリキッドを気化させて吸引する方法があります。

おすすめCBDリキッド3選

以下ではおすすめのCBDリキッドを3つ紹介します。

CBDリキッドはVAPE(電子タバコ)に入れて気化させたものを吸引する形で摂取するために使用します。

電子タバコのカートリッジなどをイメージしていただければわかりやすいかと思います。

CBDリキッドを使用する際はVAPE(電子タバコ)の機械を購入しなくてはなりませんので、初期費用はかかりますが、その分買ってからは簡単に利用できるのがCBDリキッドの特徴です。

おすすめCBDリキッド①+WEED

+WEEDは日本製のCBDで、純度が99%の効果が高いものです。

CBD濃度は3~10%から選択可能なので、シーンに合わせて使い分けることが可能です。

徐々に濃度を高めていくのが良いでしょう。

初めての方は3%から試してみるのがおすすめです。

リキッドを交換しないカートリッジタイプのものも販売されています。

リキッドの交換がめんどくさいという人はカートリッジタイプのものを選ぶことをおすすめします。

+WEED【プラスウィード公式】|CBDリキッド|通販

www.plus-weed.jp

おすすめCBDリキッド②PharmaHemp E-LIQUID CBD5% (500mg) PREMIUM BLACK CANNABIS 10ml / カンナビス風味

PharmaHemp E-LIQUID CBD5% (500mg) PREMIUM BLACK CANNABISは入荷しても即完売してしまうほど人気が高いCBDリキッドです。

吸う機械によって効果に違いが出るほど、CBDの濃度が高く、効果が非常に強いといわれています。

ある程度CBDに使い慣れて、濃度が高いものが欲しいという人にはおすすめの種類のものです。

カンナビス風味は苦手な人も多いので、カンナビス風味がだめだったという人はフレーバータイプのものを選ぶと良いでしょう。

おすすめCBDリキッド③AZTEC(アステカ)FULL SPECTRUM 10%(1000mg/10m)

AZTEC(アステカ)FULL SPECTRUM10%は他のCBDリキッドよりも比較的値段が高いです。

ですが、その分効果が良いという評判で人気な製品ではあります。

フルスペクトラム製品とは、原液由来の数多くのカンナビノイド類を含んでいるリキッドということです。

テルペン、ケトン、ビタミン、脂肪酸、微量のミネラル、タンパク質などを含んでいます。

濃度が高く、気化させて吸引したときに喉にひっかかるという口コミもあるので、タバコやVAPEを吸いなれてない人は気をつけましょう。

CBDの効果とおすすめCBDリキッドのまとめ

CBDの効果を実感したい場合は、なるべく質の良いCBDリキッドを選ぶようにしましょう。

また、CBDリキッドと同様に重要なのが、吸引する機械なので、VAPEを選ぶ際もよく考慮しましょう。

寝る前にCBDリキッドで一服したり、飲みすぎた次の日の朝など、普段の生活からCBDを取り入れてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました