CBDと大麻の歴史|なぜ最近CBDが注目を集めているのか

最近注目を集めているCBDをご存知でしょうか?多くのメディアやYouTuberが取り上げていることもあり、聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか?

最近になって急に注目を集めだしたCBDですが、いつごろ発見され、いつから使い始められたのでしょうか?

そこでこの記事ではCBDの歴史を知ってこれからのCBDの動向まで解説していきたいと思います。

また、CBDの歴史を解説する上で避けることのできない「大麻」についても解説していきます。

「最近不安事が多くてストレスがたまっている」「ニキビを治したい」という悩みを持っている方や、
「CBDってなに?」「CBDはいつからあるの?」とCBDに興味を持っている方もぜひご一読ください!

CBDとは|大麻との関係性

CBDの歴史を解説する上で、まずCBDがなんなのかについて知っておく必要があります。また、CBDと大麻の関係性についても知りたいところですよね。

まずCBDとは、カンナビジオール(cannabidiol)の略称で、マリファナから抽出される約100種類以上の成分のうちの1つです。

なので大麻との関係性は、大麻という植物があって、その植物から抽出される成分がCBDということになります。

「いや、大麻って違法じゃん。CBDって怪しい、というかCBDも違法なんじゃないの?」

と思われた方もいるでしょう。

ですが、日本ではCBDは違法なものではありませんので安心してください。大麻から抽出されるとはいえ、人体に害はなくむしろ有用な効果をもたらすとされています。

大麻から抽出されるCBDが違法でない理由の一つにTHCの存在が関係しています。

THCはテトラヒドラカンナビノール(Tetrahydrocannabinol)の略称で、CBDと同じくマリファナから抽出される成分の一種です。

THCには陶酔作用錯乱作用があるとされていて日本では違法物質とされています。

また、大麻を摂取したら「ハイになる」といわれる理由もTHCが関係しています。

なので日本では現状THCは違法なのです。

CBDもTHCも大麻から抽出されますが、まったく別のモノなので混同しないようにしましょう。

次の章ではCBDの歴史に入る前に、注目を集めるほどのCBDの効果について簡単に解説していきます。

CBDの効果

CBDには人体に有用な効果が数多くあるとされていて、代表的な効果が以下のものです。

ストレスの軽減

・てんかんなどの神経病の治癒

・ニキビなどの肌荒れの改善

CBDが人体に有用な効果をもたらす理由の一つにECSが深く関わっています。

ESCはエンド・カンナビノイド・システム(内臓カンナビノイドシステム)の略で、人体がもとから持っている体の免疫システムのようなものです。

CBDはこのECSの活動を正常化・活性化する効果があるので、結果的に人間の免疫力や治癒力が向上する手助けをしています。

ECSに作用することで神経病などの治療に役立ちます。

その他のCBDの特徴はリラックス効果です。人はストレスや不安を感じると自律神経やホルモンバランスが乱れます。

CBDにはこの自律神経やホルモンバランスの乱れを整える役割があるので、ストレスの軽減に効果的です。

その他にも抗酸化作用抗炎症作用があり、肌荒れの改善にも効果的です。

このようにCBDは人体にとってかなり有用な効果をもたらすことがわかってきています。

ではなぜこれほどまでに有用なCBDが今まで注目を集めなかったのでしょうか?以下では大麻の歴史も紹介しながらCBDの歴史について解説していきます!

CBDの発見|発見に至る3つの段階

CBDの発見には大きく以下の3つの段階があります。

・1940年代のハーバード大学の卒業生であるロジャー・アダムスによる発見

・1946年にウォルター・S・ロエベ博士が実験動物でテスト

・1964年のイスラエルのルース・ガガリーによる発見

1940年代のハーバード大学の卒業生であるロジャー・アダムスによる発見は大麻からCBDを抽出しましたが、それは偶然のものでした。

それから1946年にウォルター・S・ロエベ博士が実験動物でテストをし、さらなる研究が行われました。

それから月日が経ち別の場所で新たな発見がなされたといいます。それが1964年の「THC」の効果や化学構造をイスラエルのラファエル・メクラーム教授が発見したことです。

そしてそのあとすぐにイスラエルのルース・ガガリーが「CBD」の効果や化学構造を発見することに至りました。

今ではイスラエルは大麻先進国といわれるほどに大麻やCBDの研究が進んでいます。

CBDの活用

発見されたのはもう半世紀以上も前のことになりますが、CBDが使われるようになったのはここ10数年ぐらいのことです。

CBDが活用されるようになったような背景を知るには大麻の歴史を知る必要があります。

大麻が解禁していったことに伴いCBDが普及していったと一端は解説しておくことにします。

それでは大麻の歴史をみていきましょう。

大麻の歴史|大麻はいつからある?

大麻は古くから人間の生活に使用されてきました。

今では、特に日本では「大麻は危ないもの、ダメ絶対」という意識がありますが、明治時代以前の日本では大麻が普段から使用されていたという記述があります。

少なくとも日本では8世紀の書物である「古事記」に大麻の記載があるので、大昔から使用されてきたことがわかります。

もっと古いもので有名なのが紀元前3世紀のインドの医学書です。

世界的に見ても国内だけで見ても大昔から大麻が生活に利用されてきたことは事実としてあります。

ではなぜ日常的に使用されていたであろう大麻が違法になったのでしょうか?

日本と世界の大麻の歴史|違法になるまで

日本も含めて大麻が世界的に違法になったおおもとの原因の一つに、1840年から2年間にわたり行われたアヘン戦争があるといわれています。

アヘン戦争とはイギリスと清(今の中国)とインドの貿易から発展した戦争のことです。戦争に発展する要因となったことの一つにアヘンが大きく関わっています。

アヘンは、ケシの実から採取される果汁を乾燥させたいわゆる麻薬のことです。

インドや中国をはじめとしてこのアヘンが蔓延したことにより、世界的に麻薬への危機感が芽生えます。

それから月日が経ち、大麻が違法とされるようになった直接的な要因である印度大麻草が20世紀初頭に規制されます。

このことにより世界的に大麻は違法とされるようになりました。

日本でも第二次世界大戦後にはGHQにより栽培が全面禁止とされ、取締が行われました。

ですが近代になってから大麻への見方が少しずつ変わっていきました。

日本と世界の大麻とCBDの歴史|現在とこれから

現在世界的に大麻は合法化の流れにあります。大麻合法化の流れとともに大麻より、さらに安全なCBDも普及しつつあります。

最近アジアで大麻が合法化した国は韓国とタイです。日本では報道されることはありませんが、アメリカの4〜3分の1の州でも合法化が進んでいます。

アメリカではCBDは普通の化粧品となんら変わりなく使用されていて、ペット用のCBDすらあるほどです。

日本で大麻が合法になることは現状ほぼ考えられませんが、CBDは電子タバコが普及したように、今後もっと普及していくことが予想されます。

まとめ|CBDはこれからさらに普及していく

CBDには人体に良い影響をもたらします。大麻から発見されたのはもう半世紀以上も前のことで、CBDについての数多くの研究報告も上がっています。

CBDが気になっているという方はまずは試してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました