CBDと大麻の違いってなに?|理解して正しく使おう!

大麻と聞くとどんなイメージがありますでしょうか?

「危ない」「危険」「犯罪」などとアングラなイメージをお持ちの方が多いと思います。

では、CBDと聞いたらどんなイメージを持っていますか?

「なんか聞いたことはある」

「ユーチューバーが紹介してた」

「美容効果があって身体に良いらしい」

などと思った方が多いのではないでしょうか。

CBDは近年とても注目が集まっているもので、知名度が高まってきています。

ですが、注目が集まると同時に、「なんか怪しげなもの」というイメージがあるのも事実です。

それはおそらくCBDがマリファナから抽出されるという点があるからでしょう。

この記事では、CBDの効果を紹介したあと、CBDと大麻の違いについて解説します。

「CBDの効果を知りたい」

「最近あまり良く眠れない」

「二日酔いがつらいのをどうにかしたい」

という人はぜひご一読ください!

CBDてなに?大麻とどういう違いがあるの?

CBDと大麻の違いを知るには、まず「CBDとはなにか」と「大麻とはなにか」について解説する必要があります。

それぞれにメリットがあるので詳しく解説していきます!

CBDとは?|大麻との違い

CBDは、カンナビジオール(cannabidiol)の略称で、大麻から抽出される成分の1つです。

リラックス効果やてんかんなどの治療においての医療効果などがあるとされ近年とても注目を集めています。

大麻から抽出される成分といってもCBDは日本でも合法ですので安心してお使いください。

CBDと同じように大麻から抽出される物質の1つにTHCがあります。

THCはテトラ・ヒドラ・カンナビノール(Tetrahydrocannabinol)の略称で、多幸感をもたらしたり、精神に作用する物質です。

THCは日本では違法な物質ですので、個人輸入をする際には注意が必要です。

最近では、大麻を原料としたもののほかに、柑橘類の皮を主な原料としたオレンジCBDとよばれる新しいタイプのCBDも存在します。

オレンジCBDは大麻由来のものとは違って、無味無臭なので摂取しやすいといわれています。

CBDが近年注目を集めるきっかけとなった理由のひとつにトランプ大統領により行われた規制緩和があげられます。

2018年の年末にトランプ大統領がCBDについての規制緩和を行なったことで、次々と製品化が進み、生活に普及しました。

大麻とは?|医療用と娯楽用、マリファナとウィードの違いも解説

大麻の学術名称はカンナビスで、マリファナとよばれたり、ウィードなどと表現されることもあります。

大麻は、麻(アサ)とよばれる植物のことで、広義では、アサの花冠、葉を乾燥または樹脂化、液体化させたもののことです。

花から製造された(栽培種の花序からとった)ものをガンジャ(Ganja)、樹脂をハシシと呼びます。

大麻は世界中で生成しているもので、日本ではドラッグと表現されますが、正確には植物です。

ドラッグとは違って植物由来のものなので、身体への害も少ないとされていて、近年WHO(世界保健機関 )を含めた世界中の機関で大麻の扱いについて議論が起こっています。

最近では、大麻を合法化する流れが世界中で起きているのが現状です。

日本では大麻は古くからしめ縄などとして使用されてきたという歴史があります。

伊勢神宮のしめ縄などは現在でも麻からつくっています。

大麻の合法国|CBDと大麻が合法の地域は違う?

大麻合法化の流れは世界的なもので、これからさらに加速していくでしょう。

大麻合法化に伴いCBDの知名度が高くなっているのもまた事実です。

大麻は日本では現在は所持と栽培が違法行為にあたります。

近くの国の大麻の使用状況は、タイが最近になり医療大麻を合法化したり、韓国でも合法化が進んでいます。

世界の大麻合法国には、アメリカのワシントン州やコロラド州、スペインなどがあります。

アメリカでは大麻合法化が大統領選挙の票に影響する可能性も高いです。

他にも、厳密に言うと違法ではありますが、普通に販売されていて使用されている地域にオランダのアムステルダムや、イギリスなどがあげられます。

日本人が海外の現地で合法だからという理由で大麻を使用することは違法行為に当たるので注意しましょう。

大麻はその効果の他に、莫大なビジネスチャンスとしても注目されているので今後しばらくは大麻の人気が高まるでしょう。

CBDと大麻の効果の違いは?

CBDと大麻には効果の違いがあります。THCの含有量などでも効果が変わっていくので詳しく解説していきます!

CBDの主な効果|大麻との違い

CBDには主に以下の効果があります。

ECSに作用する

抗酸化作用、抗炎症作用、抗糖化効果

自律神経の調整

ホルモンバランスの調整

CBDはECS(エンド・カンナビノイド・システム)に作用します。

ECSとは内臓カンナビノイドシステムのことで、睡眠、食欲、痛み、免疫システム応答などのさまざまな機能の調節に関与しているものです。

ECSの働きが活性化されると身体の免疫機能が向上するので、ストレスを緩和したり、不眠の改善につながります。

また、ECSは神経伝達に関わっているので、てんかんなどの神経病にも効果があるという研究報告があるほどさまざまな症状に効果的です。

CBDには、抗酸化作用抗炎症作用抗糖化効果があるので美容効果もあるとされています。

抗酸化作用は肌の酸化を防ぐ働きのことです。抗炎症作用には肌荒れの原因となる炎症を抑える役割があります。

抗糖化効果は肌の糖化を防ぐので、ハリのある肌の維持につながります。

これら3つの効果は肌のサイクルを整え、結果的に美肌になるということです。

CBDを使用すると、自律神経やホルモンバランスを整え、日々のストレスを和らげリラックス効果を生み出します。

大麻の主な効果|CBDとの違い

大麻には上記のCBDの効果の他にTHCの効果が組み合わさった効果があります。

リラクゼーションと多幸感をもたらす代わりに、一部の人々は不安や恐怖、不信、またはパニックを経験します。

不安や恐怖をもたらすのはTHCが関係しているからです。

THCにはいわゆる「ハイ(気分やムード等の精神的な変化)」になる効果があります。

THCが主に脳内に見られるCB1(カンナビノイド1)受容体に結合することで、脳の機能を変化させ、 「ハイ」につながるといわれています。

CBDには大麻やTHCにみられるような「ハイ」になる効果はありません。

THCを含む大麻を使用すると、感覚の変化や疲労、空腹を感じるといわれています。

大麻を使用すると、感覚が鋭くなり、普段感じる時間の流れとは違う感覚になり、時間の流れがゆっくりになるように感じられます。

大麻は感覚を良くする効果があるため、音楽との相性が良いです。

20世紀に活躍したミュージシャンで有名な人は大麻を使用しているケースが多く見られます。

例えばビートルズボブ・マーリーなどが有名ですね。

大麻の種や茎の部分から抽出されるのがCBDで、日本では大麻の種や茎は、THCの含有量が少ないということもあり合法とされています。

医療用や娯楽用大麻は主に穂や葉の部分からつくられています。日本では大麻の穂や葉は違法ですので注意しましょう。

まとめ|CBDと大麻には違いがある

CBDと大麻は名称や形状が違うだけでなく、効果にも違いがあるということがおわかりいただけたでしょうか?

世界では大麻が合法化の流れが確実にきていますが、日本で大麻を所持や栽培、販売すると有罪判決になるので注意しましょう。

CBDなら、大麻の良い部分の効果だけを実感することができますので、CBDを試してみてはいかがでしょうか?

個人輸入する際は含まれている成分などをしっかりとチェックしたうえで輸入するようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました