【国母選手&田代まさし 異例のダブル逮捕!】薬物で逮捕された二人にシバターが食らいつく!ドラックするならCBDMAXを吸え!【2連続救いたいシリーズ】

CBD 商品紹介

2019年11月6日にスノーボード・男子ハーフパイプ元日本代表の国母和宏(31)と元タレント田代まさし[通称:マーシー](63)が違法薬物の使用・所持の疑いで逮捕されました。

国母和宏選手は、大麻を2010年のバンクーバー五輪では8位に入賞しましたが、公式スーツのズボンをずり下げた「腰パン」姿が物議を醸した事で有名ですので、知っている方も多いかと思います。今回は米国から国際郵便で大麻を送り、日本に密輸したとして、6日午前に関東信越厚生局麻薬取締部に大麻取締法の疑いで逮捕されました。

田代まさしは、過去に覚醒剤取締法違反などで3度有罪になり、計約7年間服役。2014年7月2日に出所して薬物更生施設に所属して薬物依存の実態を伝えるセミナーなどを行っていましたが、今回も8月23日に塩釜市の宿泊施設で、また、今月6日に杉並区高井戸でそれぞれ覚醒剤を所持した疑いで逮捕されてしまいました。

覚醒剤と大麻で1日に2人も逮捕者が出ることは今までで一度も無く、異例のダブル逮捕となりかなり衝撃的なニュースとなりました

逮捕される違法ドラックは止めてCBDMAXを吸え!

国母和宏選手と田代まさしの逮捕を受けて、以前から「救いたいシリーズ」を投稿してきたシバターも、異例の「2連続救いたいシリーズ」の投稿をしてSNSで話題となっております。

そして今回、違法ドラックで逮捕された2人に対して、「違法ドラックは止めて合法大麻成分配合のCBDMAXを吸え!」と動画の中でCBD製品であるCBDMAXを勧めていました。

動画内でCBDMAXを知った方は、
「合法な大麻ってどういうこと?」
「本当に安全なの?」
などなど、疑問に思われた方も多いかと思います。

そこで今回はこのCBDMAXの安全性や効果効能について解説していこうと思います。

CBDMAXとは?安全性や効果効能を徹底解説。

CBDMAXとは、リラックス効果や禁煙効果があるVAPE商品の一つです。

このCBDMAXに配合されているCBDと言う成分は麻から抽出される成分の一種で、WHOにもてんかん治療やリラックス効果、抗炎症作用が認められている成分になります。

世界では主に、医療美容目的で使用されています。

また、CBDはリラックス効果ストレス解消効果が非常に高い為、海外セレブからは非常に人気が高いです。

常にトップで居続ける重圧やスタイルを維持しないといけないと言うストレスをCBDが緩和してくれるんでしょう。

そして驚く事に、CBDには鎮痛作用もあるので、多くのトップアスリートの選手が練習後や睡眠前には筋肉の炎症を抑えるために必ず摂取していると答えています。


CBDMAXは違法?合法?


海外セレブやトップアスリートがCBDを使用していますが、結局の所、大麻から抽出している成分なので、日本では合法なの?と言う所が一番心配になってくるかと思います。

結論から言いますと、ズバリ!
「合法」です。

と言うのも、大麻にも大きく分けて
「THC」と「CBD」の2つの成分があり
日本では

「THD」=違法:ハイになったり向精神作用がある成分
「CBD」=合法:リラックスや不眠症改善効果がある成分

という様に、同じ大麻の成分でも日本での取り扱いが違います。

CBDMAX(シービーディーマックス)は合法成分である、「CBD」だけを100%MAXに使用しているだけの物になるので、完全に「合法」と言う事になります。

また、CBDMAX(シービーディーマックス)は、日本の厚生労働省のマトリの厳格なチェックを受けて輸入しているので、まず間違いなく合法で安心安全と言えます!


なぜCBDは効果があるの?


 CBDMAXは合法って事はわかったけど、
そもそもなんでCBDが様々な病気やストレス解消に効果があるの?って気になりますよね。

人間にはもともと身体調節機能(エンドカンナビノイドシステム)が備わっているのですが、
過度なストレス怪我などをしてしまうとその機能が正常に機能しなくなってしまうのです。

そのエンドカンナビノイドシステムが正常に機能しなくなると、体に不具合が発生したり、病気になりやすくなってしまうのです。

そしてこの機能を正常な状態に戻してくれるのがCBD(カンナビジオール)なのです!


本当のCBDの効果効能が凄い


冒頭でCBDの効果効能を簡単に紹介しましたが、実はCBDには数え切れない程の効果効能があるんです!

そこで、現在わかっているCBDの効果効能の中で有名なものをピックアップして以下にまとめます!

  • ストレス緩和
  •  不眠症改善
  •  統合失調症
  • うつ病
  •  アトピー性皮膚炎
  •  摂食障害(拒食症)
  •  癲癇(てんかん)
  •  薬物依存
  •  アルコール依存症
  •  ガン(癌細胞増殖抑制)
  •  脳卒中
  •  強迫性障害
  •  パーキンソン病
  •  白内障
  •  緑内障
  •  ハンチントン病
  •  ALS
  •  心疾患
  •  肝疾患
  •  外傷性脳損傷(TBI)
  •  血圧改善
  •  細胞炎症の緩和
  •  便秘改善
  •  脳腫瘍
  •  AIDS
  •  自己免疫性ぶどう膜炎
  •  繊維筋痛症
  •  骨粗鬆症

などなど、本当に多くの疾患・症状に効果があるとして、現在も研究が進められているのです。

今後はもっと様々な病気に効果が発揮される可能性を秘めておりCBDは万能成分としての期待も高まっています。

しかしCBDは未だ研究段階であり、またそれらを確実に保証するものでもありません。効果に個人差もあることは理解しておきましょう。


CBDは本当にWHO(世界保健機関)に認められているの?



実際に2017年11月に発表されたCBDに関するWHOの報告書を参照しながら確認していきましょう。

今回は、安全性・効果効能・依存性に注目して見ていきます。

まず、安全性に関しては以下の様に記述しています。

乱用傾向の実験モデルで、CBD は、条件づけられた薬物処置区画の嗜好性あるいは脳内自己刺激にほ とんど影響を与えないように思われる。動物用医薬品における CBD 弁別モデルでは、THC 代用となることに失敗した。ヒトにおいて CBD は、乱用あるいは依存可能性を示唆する作用を示さない。

安全性はしっかりと認められていますね。

次に、効果効能に関しての記述を見ていきましょう。

CBD は、現在フェーズIII試験において純 CBD 製品(エピデオレックス)を用いたいくつかの臨床試験 でてんかんの効果的な治療として実証されている。CBD が多くの他の健康状態のために有用な治療であ るかもしれないという初期的なエビデンス(科学的証拠)もある。

てんかんや様々な健康状態の為の成分と言う事が科学的に証明されていました。

そして、依存性や副作用などに関しては、

効果が切れると逆にけだるさや疲労感がくることもない、今までに無かったサプリメントである。 今のところ、CBDオイルを使用して体調が悪くなったり、眠けやダルさを感じたという例は報告されていない。

という報告がされています。

つまりCBDはWHO(世界保健機構)から 安全性・効果効能・副作用がない と、保証されている成分と言う事になります。


CBDMAX(シービーディーマックス)は未成年でも購入できますか?

ニコチン・タールが一切含まれてない為、未成年の方でも購入する事が可能となっています。

CBDは赤ちゃんのてんかん治療などにも使われているとの事なので小さいお子様でも安心して使用する事ができます。


CBDMAX(シービーディーマックス)はどこで購入できる?   


 現在CBDMAX(シービーディーマックス)は、公式サイトでのみ購入が可能です。

しかも現在公式サイトでは

数量限定のキャンペーン中
通常(2本セット)10,480円が
初回限定価格:500円!

驚きの95%オフで購入することが可能になっています!

→CBDMAX公式サイトはこちらから行けます

また、たまにフリマアプリなどで1本4000円とかで出品されていますが
故障品だったり使用済みの可能性もあるので、公式サイトで購入した方が圧倒的に安心安全でお得です。


まとめ


令和最新の「VAPE」ことCBDMAX(シービーディーマックス)のまとめとして

・CBDMAXは合法で安全なもの

・CBDMAXは厚生労働省の厳正な審査を通過している

・CBDはWHO(世界保健機構)に安全性・効果効能・依存性がない事を認められている

・CBDは様々な病気や疾患に効果が発揮される

・CBDMAXは今だけ2本セット95%オフの500円で購入できる

→CBDMAX公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました