CBDに有害な効果はあるの?CBD製品の有害性について

CBD 効果

CBDはさまざまな病気・症状の改善効果が期待されている一方で、副作用のリスクがあることもわかっています。特定の病気や常用薬のある人は特に注意が必要です。また、眠気が困るアクションをする場合にも、使用タイミングや使用量に注意が必要です。

はじめに

健康に寄与する製品は、多くの人の注目を集めます。一方で、健康効果の反対に「害ある副作用」の心配をされる方が多いのも事実です。健康を害する可能性があるのであれば、なかなか使ってみようとは思えないでしょう。

この記事では、以下の内容について解説します。

・CBDとは何か

・CBDがどんな事柄に効果的か

・CBD製品の副作用について

・CBD製品を使用する際の注意点

CBD製品に興味があり、これから使ってみようと思っている人の後押しになるような情報を集めています。

■CBDとは何か

まず、そもそもCBDとはどんな成分なのかについて簡単に解説しておきます。CBDは「麻」の抽出物の一種です。日本で流通しているCBD(CBDを利用した製品)は、麻の茎や種からこの成分を抽出しています。

この「麻の茎や種から抽出する」ことに大きな意味があるのです。ほかの部位にもCBDは含まれているのですが、茎と種以外の部位からは「THC」という成分が一緒に抽出されます。この成分は幻覚作用などの危険な効果を及ぼすため、日本でも「大麻取締法」によって規制しています。

CBD製品はTHCが含まれていない部位から成分を抽出することと、CBD自体には幻覚作用などの危険な作用が確認されていないため、安全性が確認されているのです。そのため、日本の大麻取締法などの法律でも、THCが含まれていないCBD製品については規制の対象外となっています。

「健食スペシャリストコメント」 CBDは麻の抽出物ですが、THCと違って危険な作用は確認されていません。THCが含まれていない部位から抽出しているので、法律の規制対象外なのです。  

■CBDがどんな事柄に効果的か

数多くの研究・臨床試験により、以下の病気や症状に対してCBDは何らかの影響を及ぼすとされています。

・てんかん

・社会不安障害

・アルツハイマー病

・糖尿病

・不眠症

・がん

・麻薬中毒

・炎症性腸疾患

・リウマチ性関節炎

・統合失調症

・抑うつ

・多発性硬化症

・神経変性疾患

・運動障害

・感染症

中でも「不眠症」などの睡眠障害はとても身近だと思います。CBDオイルを使用した人が投稿したレビューには「よく眠れるようになった」「不眠症が改善された」という意見が多く見られています。

その他の病気・症状についても、発症すれば健康的な日常生活を送ることに大きな支障をもたらす可能性があるものが多いです。そうした病気に対して良い影響を及ぼす可能性があるということは、CBD製品を生活に取り入れることは健康的で健全的な生活を維持することに大きく寄与するということでもあるのです。

「健食スペシャリストコメント」 難病から日常的な困った症状まで、CBDはさまざまな病気・症状に良い影響を及ぼす可能性があると考えられています。  

■CBD製品の副作用について

1つ上の項目において、CBDのプラスの効果について簡単にですが説明しています。それを見て興味を深めた人も多いでしょうが、実はその反対、つまり「副作用」もCBDの使用において無視できない存在であることは間違いありません。どのような害を引き起こすのでしょうか。

●低血圧

CBD製品の副作用の1つ目は「低血圧」です。CBDは基本的に血圧に対して大きな作用を示すことは無いのですが、多くのCBDを一度に摂取した場合には血圧を下げる作用が確認されています。

高血圧の人にとっては良い効果のように思えるかもしれませんが、低血圧に悩んでいる人や血圧降下に関する薬を服用している人にとっては無視できない作用となります。そうした人は医療機関にかかっていることが多いと思いますので、CBD製品を使用する前に担当医に相談してみてください。

●血液凝固に関する作用

2つ目は「血液凝固に関する作用」です。ある研究によると、CBDなどのカンナビノイド成分には抗凝血の作用を示す可能性があることがわかっています。例えば「血友病(出血しやすく、なかなか出血が収まらない病気)」の患者さんの場合、良くない作用を示す可能性があるのです。何らかの病気で医療機関を受診されている場合、担当医にCBD製品の使用について相談されることをおすすめします。

●眠気

3つ目は「眠気」です。少量摂取であれば目立った眠気の症状が現れることは少ないようですが、多量のCBDを摂取した場合には眠気の症状が現れることがあります。眠る前であればさほど問題にならないでしょうが、例えば「車を運転する時」や「危険性のある機械等を操作する時」に眠気によって事故を起こす可能性があることは否定できません。仕事などでそうした習慣がある場合、眠気が起こると困るアクションの前にはCBD製品を摂取しないようにしましょう。

●口の渇き

4つ目は「口の渇き」です。唾液の分泌に関わる顎下腺にカンナビノイドの受容体があることがわかっており、その影響で口の渇きをもたらすのではないかと考えられています。あまり生活や行動に問題を起こす症状ではありませんが、CBD摂取後しばらくは口の渇きを感じ、水分摂取をしたくなる可能性がある点に注意が必要です。

●薬の肝臓代謝に関する作用

5つ目は「薬の肝臓代謝に関する作用」です。CBDは肝臓にあるシトクロムP450という酵素と深い関係があることがわかっています。この酵素は多くの薬の肝臓での代謝に関わる酵素であり、CBDを大量摂取するとこの酵素の働きを一時的に抑制します。

その結果、薬の肝臓代謝におけるプロセスに変化が生じます。この作用は通常であればさほど大きな問題にはならないのですが、日常的に何らかの薬を服用している人の場合だと問題になる可能性があるのです。常用薬がある人は、処方している医師にCBDの利用について相談してください。

●パーキンソン病に関する作用

6つ目は「パーキンソン病に関する作用」です。パーキンソン病の患者さんがCBDを大量に摂取すると、震えの症状を起こす可能性があります。ある研究によれば、パーキンソン病患者さんでも少量であればCBDを摂取しても問題ないとされていますが、パーキンソン病患者さんはCBDの利用に関して担当医に相談してください。

●その他アレルギーなどの症状

その他にも、人によってはCBDの摂取によってアレルギーなどの症状を引き起こす可能性があります。体質や体調などの相性の問題なので一概には言えませんが、CBD製品を使用することで体調を悪化させる可能性がある点には注意が必要です。

「健食スペシャリストコメント」 健康に関する効果が確認されているCBDには、一方で体調を悪くする副作用を起こすリスクもあります。持病がある人や薬を飲んでいる人は特に注意が必要です。

■CBD製品を使用する際の注意点

CBD製品を安全に使用するためには、いくつか注意しなければならないポイントがあります。せっかくのCBDで害を及ぼす効果を起こす可能性があるのであれば、そのリスクについて把握し、該当する場合には使用しなければ良いのです。

●薬を飲んでいる人は要注意

まずは「薬を飲んでいる人は、CBD製品の使用に注意する」ことです。前述の通り、CBDには肝臓の薬の代謝に関係する酵素を中和する作用があり、一時的に薬の代謝プロセスを変化させてしまいます。

薬の種類によっては、代謝されないことによって体調を著しく悪化させる危険性もあるため、処方している医師にCBDを摂取しても問題ないかどうかを確認しておきましょう。また、市販薬を使用する場合は、一時的にCBD製品の使用を中止したほうが安全です。

●パーキンソン病や血友病の患者さんは要注意

次に「パーキンソン病や血友病の患者さんは、CBD製品の使用に注意する」ことです。CBDにはパーキンソン病や血友病の症状に関係する、あまり良くない作用を示します。常にそうであるとは限りませんが、これらの病気を持たない人と比較するとリスクが大きいので、最低限、担当医にCBD製品の使用に関して確認しておくことをおすすめします。

また、その他の病気に関しても相性が良くない可能性があることは否定できませんので、何らかの持病をお持ちの場合や一時的に風邪などの病気を発症した場合も、医師に確認するか、CBD製品の使用を中止することをおすすめします。

●妊娠中の女性は要注意

次は「妊娠中の女性は、CBD製品の使用に注意する」ことです。妊娠中の女性がCBDを摂取すると、胎児の発達に悪影響を及ぼす可能性があることが、ある研究により明らかになっています。妊娠中の女性や、CBD製品を常用していた女性の妊娠が発覚した場合は、CBD製品を使用しないようにしましょう。なお、小さなお子さんが使用する場合、基本的にCBDはその安全性が確認されています。

●日常的に車両や機械などを操作する人は要注意

次に「日常的に車両や機械などを操作する人は、CBD製品の使用に注意する」ことです。CBDの副作用の中に「眠気」が含まれており、急な眠気に襲われると大事故に発展しかねないアクションを日常的に行う人の場合、CBDの使用タイミングに注意する必要があります。眠気の現れ方は個人差がありますので、眠気を感じたらCBD製品の使用タイミングや使用量を調整する、あるいはCBD製品の使用を中止することをおすすめします。

●安全性の確認できないCBD製品には要注意

次に「安全性の確認できないCBD製品には注意する」ことです。日本国内で流通しているCBD製品の多くは、その成分や製造工程の安全性が確保されています。しかし、世の中に流通しているCBD製品の中には、日本では所持や使用が認められていないものや、日本人の体質に合わないCBD製品も存在します。

CBD製品を購入する場合は、信頼できるショップで購入することと、製品の成分などにおける安全性が確認できる製品を選ぶことを心がけてください。また、可能であれば商品レビューを確認しておくこともおすすめです。

●国や地域によっては規制の対象になっている可能性もある

最後に「国や地域によっては規制の対象になっている可能性もある」ことです。日本ではTHCが含まれていないCBDは法律による規制の対象外ではあるのですが、外国ではそうとも限りません。薬物などの取り扱いは国や地域の法律やルールで大きく異なりますので、渡航先でCBD製品の所持や使用に何らかの問題が生じる可能性があることは否定できません。

また、スポーツにおける「ドーピング」の問題も無視できません。WADA(世界アンチ・ドーピング機関)においてCBDは規制の対象外となっていますが、競技団体によってはCBDを規制している可能性があります。また、海外で競技する場合、その国や地域の法律とCBDの関係も調べておかなければなりません。

外国で活動する機会の多い人は、渡航先におけるCBD製品の取り扱いについて把握したうえで、海外に出発することをおすすめします。

「健食スペシャリストコメント」 CBD製品を安全に使用するため、注意すべきポイントをしっかりと押さえて実践しましょう。

■まとめ

最後に、この記事の内容について簡単におさらいしておきましょう。

・CBDは麻の抽出物だが日本の法律で規制されていない安全な成分である

・てんかんや糖尿病などの症状に効果を発揮することがわかっている

・眠気や特定の病気に関する副作用があることもわかっている

・使用する際には注意すべき点があることを忘れない

副作用などの嬉しくない効果もあることがあるCBDは、有害な存在に見えるかもしれません。しかし、副作用のリスクを把握したうえで使用すれば、さまざまな健康効果を口授することができることも事実です。有害であると決めつけるのではなく、どのようなリスクがあるのかを把握して、その回避に努めることが重要なのです。

オススメのCBD製品:CBDMAX(シービーディーマックス)

CBD MAX(シービーディーマックス)公式サイト|これがリラックスの新常識リラックスの新常識CBD MAX(シービーディーマックス)公式サイト|CBDをおしゃれに楽しむ使い捨てVAPE、ニコチン0mglpl.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました