CBDオイルの使い方を知りたい!効果的なCBDオイルの使い方を解説

CBD とは?

■メタディスクリプション

CBDオイルは消化器官からの吸収よりも舌下での毛細血管への吸収の方が効率よく吸収できます。適量は人によって異なりますが、過剰摂取のリスクは基本的に無いと考えて問題ありません。飲み合わせなどには十分注意して使用してください。

■リード文

通販サイトなどで「CBDオイル」と呼ばれる製品が販売されています。このCBDオイル、実は健康的な生活を送るうえでとても有益な存在になるのですが、仮に購入するとしてもどのように使いのが正しいのか知らないと宝の持ち腐れになってしまいます。

この記事では、以下の内容について解説します。

・CBDとは何か

・CBDがどんな事柄に効果的か

・CBDオイルの使い方の基本

・CBDオイルの適量は?

・CBDオイルを使用する際の注意点

CBDオイルに興味がある人や、CBDオイルを買っては見たものの使い方に悩んでいる人にとって重要な情報をまとめてみました。

■CBDとは何か

CBDオイルの効果的な使い方についてお話しする前に、そもそも「CBDとは何か?」ということについて説明しておきます。

CBDとは「麻」から抽出される成分の一種です。麻と聞くと「違法な大麻のこと!?」と思われるかもしれませんが、少なくとも日本では違法薬物に分類される成分ではないので安心してください。そもそも大麻が法律で取り締まられるほどに危険なのは「THC」という成分が問題なのです。この成分は精神に作用するため、日本でも「大麻取締法」において禁止されています。

しかし、CBDにはTHCのような精神に対する作用は認められず、その安全性が確立しています。日本で流通しているCBD製品は、麻のうちTHCの抽出が認められない部位から抽出された物だけが流通しており、つまり日本で購入できるCBD製品は危険な成分が含まれていない安全な製品であるということなのです。

加えて、CBDはむしろ医療分野において注目されている成分でもあるのです。具体的にどのような理由で注目されているのかについては後ほど解説しますが、さまざまな病気・症状の改善効果が期待されており、以前からその研究が進んでいます。

「健食スペシャリストコメント」 CBDは危険性が無く、医療分野で注目されている有益で安全な成分です。  

■CBDがどんな事柄に効果的か

では、具体的にCBDはどのような効果が注目されているのでしょうか。

その研究は未だ途上であるといえますが、さまざまな臨床試験により以下の疾患・症状に対してCBDは効果を発揮すると考えられています。

・てんかん

・社会不安障害

・アルツハイマー病

・糖尿病

・不眠症

・がん

・麻薬中毒

・炎症性腸疾患

・リウマチ性関節炎

・統合失調症

・抑うつ

・多発性硬化症

・神経変性疾患

・運動障害

・感染症

他人事とはいえない病気や症状も多く存在し、人間にとってCBDを利用することは非常に有益であるといえます。

さらに、CBDの効果は人間だけに影響するわけではありません。これはCBDオイルのレビューに見られた意見なのですが、愛犬にCBDオイルを与えた結果、苦しんでいた症状の改善効果が見られたのです。愛犬は大切な家族、人間だけでなく大切な家族の健康にも寄与するCBDは、私たちの生活をより豊かなものにしてくれることでしょう。

「健食スペシャリストコメント」 CBDは人間だけでなく犬などのペットにも有効だと言われています。さまざまな病気・症状の改善に有効であると考えられており、今後の研究でさらに有益な効果が発見されることも考えられます。

■CBDオイルの使い方の基本

●基本は「口に含む」

CBDオイルの基本的な使用方法は「口に含む」ことです。口の中に含んで少しの間そのままにしておき、最後に飲み込みます。さて、経口摂取が基本であることはご理解いただけたと思いますが、実は効率の良い方法とそうでない方法があるのです。

まずは効率の良くない方法についてですが、これは普通にCBDオイルを飲み込んでしまうことです。この場合、摂取したCBDは消化器官を通じて体内に吸収されるのですが、消化器官経由での吸収の場合、酵素の働きによってCBDの成分が分解されてしまいます。この場合、生体利用効率は低下してしまう可能性があるのです。

次に効率の良い利用法ですが、それは「舌下で吸収する」という方法です。文字通り舌の裏側にCBDオイルを垂らして、口粘膜から吸収して毛細血管に浸透させるという方法になります。消化器官からの吸収より効率よくCBDを摂取することができます。

多くのCBD製品では蓋にスポイトが付属しているのですが、舌下での摂取はきちんと適量を摂取できているかどうか感じにくいのです。そのため、適量をスプーンに取り分け、それを舐めとるという方法がおすすめです。

●CBDオイルを飲むタイミングは?

CBDオイルは、基本的にどの時間帯で摂取しても同じように作用してくれます。ただし、効果的にCBDオイルを利用するためには、摂取のタイミングについて2つ押さえておきたいポイントがあります。

1つ目は「毎日、決まったタイミングで摂取したい」ということです。CBDオイルはできれば毎日摂取したい健康食品です。もし、毎日適当なタイミングで摂取すると、飲み忘れてしまう可能性があります。そのため「毎日、朝食後に飲む」と決めておけば、飲み忘れるリスクを減らすことができます。

2つ目は「できれば空腹時の摂取が望ましい」ことです。満腹時よりも空腹時の方がCBDの効果を発揮しやすいため、食後よりも食前の方がCBDオイルの効果を最大限に発揮できる可能性があります。

以上のことから、CBDオイルの摂取は「毎日の3食いずれかの食前に決めておく」ことをおすすめします。

●苦いCBDオイルを日常的に摂取する方法

ここで1つの問題があります。それは「CBDオイルは苦い(独特の味がある)」ことです。CBDオイルの中には配合している成分によってその味を軽減しているものもありますが、基本的に独特の味(藁を噛んだような味と表現されることもある)があり、基本的に美味しくありません。

美味しくないと、日常的に使用し続けることは難しいと思います。そんなCBDオイルを毎日続けて使用するコツとしては「CBDオイルの摂取後に乳酸菌飲料や豆乳を飲む」ことです。こうすることで、CBDオイルの苦みを早く解消することができる可能性があります。

●CBDオイルのさまざまな応用法

CBDオイルは独特の苦みがあり、できれば舌下での吸収をおすすめしますが、もっと手軽にCBDオイルを利用したいのであれば「アレンジした利用法」をおすすめします。他の食べ物にCBDオイルを混ぜることで、より手軽にCBDオイルを摂取できます。

ただし、CBDオイルは「水に溶けない」「油に溶ける」という性質があるので、何にでも混ぜられるというわけではありません。簡単に混ぜられない食べ物・飲み物に混ぜる場合は「ブレンダー」を使用すると良いでしょう。

●CBDオイルの副作用について

健康に関するさまざまなメリットのあるCBDオイルですが、実は「副作用」のリスクも存在します。具体的には以下の症状が発生する可能性があるのです。

・眠気

・低血圧

・口の渇き

・抗凝結作用

・肝臓における薬物代謝の問題

・パーキンソン病の患者に関する問題

中でも「眠気」は日常的に問題になりやすい症状であり、例えば「車の運転」や「危険な道具・重機を使用する作業」について大問題になる可能性があります。もし、CBDオイルを摂取して眠気の症状を自覚する場合、眠いと問題になる作業の前に摂取することは避けてください。

●妊娠中や子供はCBDオイルを摂取できる?

健康食品や医薬品の中には「妊娠中の女性」や「小さいお子さん」が摂取するのに問題があるものも少なくありません。CBDオイルの場合、お子さんが使用することは基本的に問題ありませんが、妊娠中の女性が使用することはおすすめできません

●CBDオイルの保管方法について

CBDオイルの保管については、購入した商品に記載されていると思いますが。20度以下の場所で保管するのが一般的です。特に夏場は常温ではこの条件を満たせない可能性が高いので、室温の状態次第では冷蔵庫での保存が適しているケースもあります。

「健食スペシャリストコメント」 CBDオイルは正しい方法で使用することで正しい効果を示します。スポイトでの摂取が難しい場合はスプーンを使用してください。  

■CBDオイルの適量は?

次に、CBDオイルを摂取する際の「適量」について解説します。

●人によって適量は異なる

CBDオイルの適量は、人によって基準が異なります。基本的に、商品に記載されている使用量の目安を守ってください。

●多く摂取しても意味が無い

CBDは人にとって有益な成分ではありますが、多く摂取すれば良いというわけではありません。CBDの接種とその効果は右肩上がりの比例ではなく、ある程度摂取するとそれ以降は効果が薄れてしまうということがわかっています。

●少しずつ増やして適量を知ろう

適量が厳密に数値化できず、摂取しすぎても問題になるCBDオイルは、徐々に摂取量を増やしながら適量を見定める必要があります。例えば1週目はスポイト1滴にして、2週目は2滴、3週目は3滴と少しずつ増やし、最適な摂取量を見定めてください。

●CBDオイルに「過剰摂取」のリスクはあるの?

適量の摂取量についてもう1つ知っておきたいのは「過剰摂取」のリスクです。多くの栄養は欠乏症がある一方で過剰症も存在し、栄養を過剰摂取することで体調を崩してしまう可能性があります。

では、CBDの過剰症はどうなのかといえば、基本的に過剰症は心配しなくても問題ありません。ある研究によれば1日に1500㎎のCBDを摂取しても問題ないという結果が出ています。少量の摂取でも効果を発揮するCBDを1500㎎も摂取することの方が難しいため、通常の利用法においてCBDの過剰摂取は起こり得ないと考えてください。

「健食スペシャリストコメント」 CBDは適量が人によって異なります。少しずつ摂取量を増やして自分にとっての最適量を見定めましょう。  

■CBDオイルを使用する際の注意点

最後に、CBDオイルを使用する上で注意したいポイントについて解説します。

●体調が悪くなったら使用を中止して医療機関で診てもらう

CBDオイルは前述の通り危険な成分は含まれていません。しかし、まれにアレルギー症状など体調を悪くされる方がいることも事実です。CBDオイルに限った話ではありませんが、使用後に体調が悪くなったらそれ以上はCBDオイルを使用せず、できるだけ早めに医療機関を受診してください。

●ほかの薬や健康食品との組み合わせに注意する

CBDオイルは、まれに体調を崩してしまうことはありますが、基本的に安全なオイルです。しかし、もし何らかの「薬」や「サプリメント」を使用している場合、飲み合わせが良くない可能性も否定できません。

これは、使用するCBDオイルと使用中の薬やサプリメントの組み合わせ次第なので、一概に「これは一緒に飲んではいけない!」とはいえません。薬やほかの健康食品と一緒にCBDオイルも使用したいのであれば、CBDオイルのメーカーに問い合わせたり、薬を処方している医師や薬剤師に相談してみてください。場合によってはCBDオイルの使用をおすすめされない可能性もあるので注意しましょう。

逆に、CBDと相性の良い成分もあります。それは、マンゴーなどに含まれている「ミルセン」という成分です。ミルセンを摂取するとCBDが血液中に効率よく運ばれるようになるため、CBDオイルを摂取する1時間前にマンゴーなどのミルセンを含む食べ物・飲み物を摂取すると、CBDの効果を高めてくれます。

●底が深い容器には入れない

CBDオイルを何らかの容器に入れる場合、「底が深い容器」には入れないように注意してください。底が深い容器にCBDオイルを入れるとこびりついてしまい、摂取できなくなる可能性があります。せっかく購入したCBDオイルを少しでも無駄にしないためには、付属のスポイトで舌下から摂取するのが一番です。

●覚醒作用のある成分を一緒に摂取しない

覚醒作用のある成分、例えばコーヒーなどに含まれている「カフェイン」と一緒に摂取することはおすすめできません。健康上のリスクは無いでしょうが、リラックス効果のあるCBDと覚醒作用のあるカフェイン等と一緒に摂取すると、体はリラックスしているのに頭は覚醒しているという状態になる可能性があります。

せっかくのリラックス効果を十分に得るためには、覚醒作用のあるコーヒーやエナジードリンク等を一緒に摂取しないようにしてください。

「健食スペシャリストコメント」 CBDを効果的かつ安全に利用するためには、注意点も少なくありません。生活にCBDオイルを取り入れるのであれば、しっかりと押さえておきましょう。  

■まとめ

最後に、この記事の内容について簡単におさらいしておきましょう。

・CBDは麻の抽出物だが危険な成分ではない

・CBDは不眠症や糖尿病などに効果的な成分である

・CBDオイルは舌下からの吸収が最も効果的

・CBDオイルの適量は人それぞれ、過剰摂取は効果が薄れる

・CBDオイルは飲み合わせや体調不良などのリスクを押さえておく

CBDオイルを日常生活に取り入れるのであれば、この記事で紹介した内容はしっかりと押さえておきましょう。CBDが効果を発揮する症状に悩んでいる人は、CBDオイルの利用によってその症状を軽減し、より良い生活に向かうための手助けとなるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました