今話題の CBD が気になる!みんなの CBD デビューまとめ

はじめに

近頃、医療や美容、健康と様々な分野でCBDの名前を多く聞くようになりました。

すでに日本でも、美容や健康の流行に敏感な人たちは、CBDについての知識を深め、CBDを生活に取り入れています。

そこで今回はCBDとは何か、からCBDを実際に使用している人のレビューをまとめて、 CBDについて深く知っていきましょう。

1.CBD って一体何だろう?

そもそもCBDとは何の事を言っているのでしょうか。

CBDは麻に含まれるカンナビノイド成分のカンナビジオール(Cannabidiol)の略です。

麻と言う名前を聞くと、「危険」で「違法」なもの、といった怖いマイナスイメージを思い浮かべる方も多いと思い ます。

私もCBDについて調べ始めた頃は、「大麻取締法」や「厚生労働省」などと言った言葉が出てきて、本当に安全なものなのかドキドキしていました。

結果から言うと、CBDは違法ではなく、100%植物由来の天然成分から作られたとても安全なものです。

2.CBDの安全性

麻には人体に影響をもたらすCBD(カンナビジオール)とTHC(テトラヒドロカンナビノール)の二つの成分があります。

その中で、私たちがマイナスイメージを持っているのは THCの方です。THC は人に高揚感や多幸感を感じさせ、幻覚作用までもたらす精神作用があります。

また THC は常用性や依存性もあることから、日本では厳しく取り締められています。

一方CBDはTHCのような精神活性作用のない、非精神活性成分であり、もちろん高揚感や依存性も認められていません。

ここで日本における CBD の取り扱いについて説明したいと思います。

日本の大麻取締法にはこのように書いてあります

大麻取締法:第1条

大麻取締法での「大麻」とは大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子および その製品を除く。

CBD 製品は大麻取締法でも言われている、大麻草の成熟した茎及びその製品から作られます。つまりCBD製品は違法ではないのです。

また世界保健機関 (WHO)の薬物依存に関する専門委員会(ECDD)の会議でも、CBDについて事前審査報告書が出されました。

その中でCBDは嗜好性あるいは脳内自己刺激にほとんど影響を与えないように思われると報告されてあります。

世界では世界保健機関、日本では大麻取締法によって安全性とその有用性を保証されています。

3.CBDの効果は?

 1)エンド・カンナビノイド・システム

CBD の効果を説明する上で大事なのが、エンド・カンナビノイド・システムです。

私たちの体内には エンド・カンナビノイド・システムという、生きていくうえで重要な身体調節機能をおこなう神経伝達システムがあります。

エンド・カンナビノイド・システムは食欲や運動機能をはじめ、感情制御、認知、記憶まで、コントロールしています。

 エンド・カンナビノイド・システムは、外部からの強いストレスを受けると調節機能がうまくはたらかなくなり、これを「カンナビノイド欠乏症」といいます。

 そして「カンナビノイド欠乏症」の状態は、認知機能の低下や、主要な臓器疾患、免疫機能の低下など様々な疾患につながると言われています。

 植物由来のCBDでカンナビノイドを摂取することで、「カンナビノイド欠乏症」を予防および抑制することにつながります。

2)具体的な効果

 私たちの生活に密着したところでのCBD の具体的な効果はどんなものなのでしょう。

   抗炎症作用

CBDは炎症を引き起こす物質の産生を抑制することが知られています。

 炎症は健康を害する多くの症状に関与しています。

CBDの抗炎症作用がはたらくことで次のような事柄にも効果があります。

 ・ニキビ

 ・口内炎

 ・湿疹

 ・アトピー

 ・関節痛

 ・腰痛

 ・偏頭痛

 ・肩こり

 ・創傷治癒の速さ

 ・他各種炎症

 ・アンチエイジング

炎症による関節痛や偏頭痛に悩みながら生活している人も少なくないため、多くの人の生活にとって、CBDは効果があると言えます。

 自律神経の調整

自律神経は、私たちの身体のあらゆる器官を調整するためにはたらいている神経です。

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」があり、この2つのバランスが崩れると、体や心に以下のようなさまざまな不調があらわれます。

・自律神経失調症

・神経性胃炎

・過換気症候群

・過敏性腸症候群

・メニエール病

CBDを摂取し、自律神経のバランスがとれると、次のような効果が得られます。

 ・ストレス解消

 ・リラックス作用

 ・イライラの軽減

 ・やる気アップ

 ・寝つきが良くなる

 ・質の良い睡眠が取れる

ストレスの多い現代社会で暮らす私たちにとって、ストレス解消やイライラの軽減は永遠のテーマであり、効果があるものはとにかく試してみる価値があります。

   抗不安作用

人が何に不安を感じるかには個人差がありますが、外からのストレス反応にうまく対応できず、不安を感じ続けると、精神・身体的な不調につながる可能性も低くはありません。

不安障害は、今社会問題としても大きく取り上げられ、私たちにとっても、いつ陥るかわからない身近な問題と言えます。

CBDを摂取し、補充することで、恐怖や不安からくる不安障害にも効果があるといわれています。

主な不安障害として以下のようなものが挙げられます。

・慢性的な不安症状

・全般性不安障害

・パニック障害

・PTSD

・社会性不安障害

・強迫性障害

パニック障害やPTSDの症状のために、生活が困難になる人もいます。

CBDの研究が進み、不安障害に対するCBDの効果が拡散することで、不安障害で悩んでいる人の強い味方になってくれるかも知れません。

   制吐作用

CBDは嘔吐中枢に作用し、嘔吐を抑制すると言われています。

また、嘔吐はがんの代表的な治療である抗がん剤治療の副作用として、必ずと言っていいほど出現し、がんの闘病生活を送っている人にとってもつらい症状のひとつです。

抗がん剤でがんと闘っている人に、少しでも副作用が出現せず治療できれば、体力の低下も少なく済むかも知れません。

 私たちの身近にあることを抜粋しましたが、以下のような事柄にも、CBDは効果があると言われています。

 ・ 注意欠陥多動性障害(ADHD)

 ・アルツハイマー型認知症

 ・神経性無食欲症

・喘息

・自閉症

・糖尿病

・肥満

・骨粗鬆症

・神経変性疾患

・神経因性疼痛

・パーキンソン病

・多発性硬化症

・ハンチントン病

・低酸素虚血性脳障害

・疼痛

・精神障害

・不安

・抑うつ

・癌

・吐き気(悪心)

・炎症性疾患

・関節リウマチ

・感染症

・炎症性腸疾患とクローン病

・心血管疾患

・糖尿病合併症

*CBDが治療効果を有する可能性のある疾患の概要Pisantiら( 2017)からの引用

CBDは100種類以上の疾患や症状に有用性がある可能性があると言われています。

多くはまだ研究途中であり、良い結果も効果が得られないという結果もあります。

自分の症状と正しい情報を照らし合わせながら、判断していく必要があります。

4.CBD の摂取方法

ではCBDを摂取するにはどのような方法があるのでしょうか。

CBDの摂取方法は、主に2種類あります。

 CBDオイルの経口摂取

  CBD オイルは、その名の通り、法的に安全な方法で製品化されたオイルです。健康食品としても認可されています。

CBDオイルは、経口から摂取する方法がいくつかあり、以下のような方法があります。

   ・CBDオイルをそのまま口に含む

   ・CBDオイルを飲み物に入れる

   ・CBDオイルを食品に混ぜる

   ・CBDオイルを舌下になじませる

 CBDリキッドの蒸気化吸入

 CBDリキッドもCBDオイル同様、法的な部位から抽出された成分を加工して作られています。

CBDリキッドの摂取方法は、「リキッド」と呼ばれる専用液を、電子タバコ(VAPE)に入れて、蒸気化して体内に吸入する方法です。

 電子タバコ(VAPE)用の専用液としてのCBDリキッドのベースはPG(プロピレングリコール)とVG(ベジタブルグリセリン)があります。

  CBDリキッドを電子タバコ(VAPE)で蒸気化摂取する方法は、タバコを吸うのと似ていることから、タバコと同様の被害があると思われることもあります。

 しかし、CBDは100%植物由来の天然成分でできていることから、ニコチン・タールは含まれていません。

5.CBDの評価

 CBDリキッドを実際に摂取したネットの感想やレビューをまとめてみました。研究段階であるにも関わらず、高評価が非常に多いのに驚きました。

 <高評価>

 ・ストレス軽減できた

 ・不安が解消した

 ・気持ちがリフレッシュできる

 ・緊張がほぐれる

 ・頭がスッキリして集中できる

 ・ニコチンにはないスッキリ感がある

 ・香りが良くて美味しい

 ・フレーバーがアロマみたいで落ち着く

 ・仕事でいいパフォーマンスができた

 ・眠りにつきやすくなった

 ・眠りが深くなった

 ・睡眠導入剤がいらなくなった

 ・スッキリ目覚められるようになった

 ・偏頭痛が治った

 ・アトピーによるかゆみが軽減した

 ・リラックスできる

 ・筋肉がほぐれるように感じた

 <低評価>

 ・蒸気を思いっきり吸い込むと呼吸がしんどい 

 ・味が辛い

 ・蒸したような臭い匂いが苦手

 ・始めてすぐは効果が実感できない

 個人のブログやレビューのまとめサイトなどを見ても圧倒的に高評価が多かったです。

その中でも「リラックスできる」や「よく眠れるようになった」という意見が多くみられました。

 低評価のレビューもありましたが、「吸入方法に慣れてくると気にならなくなった」というコメントも付け加えられており、味やにおいの感じ方は個人差がありますが、どれも慣れてくるようです。

「効果が感じられない」というレビューもありましたが、効果を実感するまでには個人差があり、続けていくうちに効果を感じられるようになる場合もあるようです。

6.まとめ

CBDについてのレビューを読んでいると、どうしても効果のありなしをすぐに判断するために、インパクトのあるキーワードばかりに目がいってしまいます。

しかし、高評価のものも低評価のものも、レビューした人が、「どこで作られた」「どんな製品」を使用して、そのレビューを書いているかまで読み込む必要があると思いました。

 CBD は今世界中でどんどん研究が進み、さまざまな業界から注目されています。

そのため利益だけを狙った悪質な業者によるCBD製品も、多数横行しているようです。

その中にはCBDの含有量がごく少量のものや、CBDに似た成分が入っているだけで CBD 製品と謳っているものもあるようです。

 みなさんがこれからレビューを見る場合も、安心で安全な製品を、用法・容量等を守って使用しているかどうか、というところまでぜひ注意して読んでください。

早く答えを出したいために、レビューを斜め読みしてしまうかもしれませんが、自分の体に摂取するものなのでしっかり目を通すべきだと思います。

7.おわりに

 CBDにネガティブ印象を持っていた人も、日本の法的にも安全な成分であることや、WHOでも有効であるとされていると知ると、ポジティブな印象に変化したのではないでしょうか。

 CBDについて正しい知識をインプットし、正しい目で判断すれば、安心して生活に取り入れることができます。

 これから、CBDの効果については医療分野から私たちの日常生活レベルまで、さらに深く研究されていくことは間違いありません。

CBDについて、根拠に基づいた正しい情報の数が増え、CBDが手に入りやすくなることで、私たちの生活がより良いものになることでしょう。

オススメのCBDオイル:CBDMAX(シービーディーマックス)

CBD MAX(シービーディーマックス)公式サイト|これがリラックスの新常識リラックスの新常識CBD MAX(シービーディーマックス)公式サイト|CBDをおしゃれに楽しむ使い捨てVAPE、ニコチン0mglpl.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました