今注目の CBDリキッドってなに? CBDリキッドには、どんな効果があるの?

1.はじめに

最近、医療や美容・健康業界でCBDやCBDリキッドと言う名前をよく聞くようになりました。

美容や健康に関心の高い人たちの中では、すでに大注目されているようです。

そこでCBDについて調べていくと、CBDには「CBD オイル」と「CBD リキッド」の二つの種類があることがわかりました。

そもそもCBDとは何なのか、CBDオイルとCBDリキッドは何が違うのか、 CBD オイルとCBDリキッドでは、どちらの方が効果的なのか、など CBDリキッドについて気になることをまとめてみました。

2.そもそもCBDとは?

CBDとは麻に含まれるカンナビノイド成分のうちの一つで、カンナビジオール(Cannabidiol)の略です。

CBDは「万能薬」と言われるほど、世界から注目されており、アメリカやヨーロッパをはじめ日本でも様々な研究が進んでいます。

3.CBD 安全?

CBDは麻に含まれる成分の一つと言いましたが、それを聞いて「麻って、大麻でしょ?大丈夫なの?」と思われる人もいると思います。

私も調べ始めの時は、危ないことについて調べているのではないだろうか、とドキドキしました。

結論から言うと、CBDは法的に安全な成分と認められた、安全なものです。

そもそも麻にはCBD(カンナビジオール)とTHC(テトラヒドロカンナビノール)という二つの成分があります。

私たちが抱く、麻の作用としてのマイナスイメージはTHCがもつ精神活性作用によって起こるものです。THCは、幸福感や高揚感を与え、幻覚が見える場合もあります。またTHCは常用性や依存性もあることから、日本では厳しく取り締まられています。

CBDは「非精神活性化合物」と言って、THCのような精神活性作用はなく、さらにTHCの作用を打ち消すとも言われています。

日本の大麻取締法には、大麻について次のように定められています。

大麻取締法での「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。とあります。

CBDは麻の茎および種子から抽出するため、大麻取締法で言う「成熟した茎及びその製品を除く」にあたり、違法ではないことが分かります。

また、CBDは世界保健機関(WHO)の薬物依存に関する専門委員会(ECDD)第39回会議でもその有効性と安全性も高く評価しています。

4.CBDの効果は?

CBDが安全であることはわかりましたが、CBDにはいったいどのような効果があるのでしょうか。

・エンド・カンナビノイド・システム

CBDを調べると必ずその効果の機序を説明するために、「エンド・カンナビノイド・システム」という難しそうな単語がでてきます。

 私たち人間の体内には、生きていくうえで重要なエンド・カンナビノイド・システムという身体調節機能があります。

CBDの基となるカンナビノイドは、私たちの体の中でも生成・活性・分解されています(内因性カンナビノイド)。

カンナビノイドはエンド・カンナビノイド・システムを正常な状態に保つのに有効だとされています。

カンナビノイドは、外から受ける強いストレスや年齢とともに起こる老化によって欠乏し、私たちの体内が「 カンナビノイド欠乏症」と呼ばれる状態になります。「カンナビノイド欠乏症」になると、エンド・カンナビノイド・システムがうまくはたらかなくなり、イライラや過食、不眠、疲れやすいといった様々な精神・身体の不調につながります。

 CBDを摂取することで、欠乏したカンナビノイドを補充し、体内の身体調節機能が正常なはたらきに戻ることを助けます。

CBDには具体的に次のような効果があります。

・抗炎症作用

・自律神経調整作用

・抗不安作用

・制吐作用

などです。

ひとつひとつについて説明していきましょう。

・抗炎症作用

CBDによる抗炎症作用は皮膚の炎症であるニキビを落ち着かせ、アトピーによる痒みを軽減するのに効果的と言われています。

また膝の炎症である関節痛や、脳血管の炎症である偏頭痛などにも効果があると言われています。

・自律神経調整作用

私たちの体には、交感神経と副交感神経と言う二種類の自律神経があり、この二つがバランスをとることで自律神経が調整されます。

外からのストレスや疲労で、交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、自律神経が調整できなくなり、心や体に様々な不具合が現れます。

CBDなどの成分の総称であるカンナビノイドは、自律神経を調整する働きがあると言われています。

CBDを摂取することで、ストレス解消やリラックス効果があり、頭がすっきりするという効果があります。

またリラックス効果が得られると、寝つきが良くなるため、睡眠障害を抱えている人にも効果的と言えます。

・抗不安作用

不安とは、私たちが生活していくうえで様々な心配事や恐怖またそれに近い感情を広く表す言葉です。

不安には個人差がありますが、不安を解消できずに溜め込んだままの状態が続くと、精神・身体的な不調につながる可能性も低くはありません。

不安障害は、社会問題たびたび大きく取り上げられ、私たちが生きる現代においてはとても重要な事柄と言えます。

外的なストレスを受けるとCBDが欠乏し、精神的にも不安定な状態に傾きます。

しかしCBDを摂取し、補充することで、恐怖や不安からくる不安障害にも効果があるといわれています。

主な不安障害として以下のようなものが挙げられます。

・慢性的な不安症状

・全般性不安障害

・パニック障害

・PTSD

・社会性不安障害

・強迫性障害

パニック障害やPTSDの症状が重いため、社会生活が困難になる人もいます。

CBDの研究が進み、国内に広く不安障害に対するCBDの効果が拡散することで、不安障害で悩んでいる人が少しでも生活しやすくなる日がくるかもしれません。

これらの他にもCBDは100種類以上の疾患や症状に効果があるという研究結果があります。

 5.CBDはどうやって摂取するの?

ここまでCBDについて、CBDとは何か、またその必要性や効果について説明してきました。

ではCBDを摂取するにはどのような方法があるのでしょうか。

CBDの摂取方法は、主に2種類あります。

CBDオイルの経口摂取

  CBD オイルは、法的な部位から抽出された成分を加工したもので、健康食品としても認可されています。

CBDオイルというだけあって、経口から摂取する方法がいくつかあり、その摂取方法は以下のような方法があります。

  • CBDオイルをそのまま口に含む
  • CBDオイルを飲み物に入れる
  • CBDオイルを食品に混ぜる
  • CBDオイルを舌下になじませる

CBDリキッドの蒸気化吸入

 CBDオイル同様、法的な部位から抽出された成分を加工して作られています。

CBDリキッドの摂取方法は、「リキッド」と呼ばれる専用液を、電子タバコ(VAPE)に入れて、蒸気化して体内に吸入する方法です。

 電子タバコ(VAPE)用の専用液としてのCBDリキッドのベースはPG(プロピレングリコール)とVG(ベジタブルグリセリン)があります。

 CBDリキッドを電子タバコ(VAPE)で蒸気化摂取するスタイルは、タバコと同様と思われることもあると思います。

 しかし、CBDは100%植物由来の天然成分でできていることから、ニコチン・タールは含まれていません。

6.CBDオイルとCBDリキッドの比較

 では、CBDオイルとCBDリキッドはどういう違いがあるのでしょうか。

 CBDオイルとCBDリキッドを「味」、「コストパフォーマンス」、「摂取効率」、「体感」の4つの項目に分け比較しました。

  CBDオイル(経口摂取) CBDリキッド(蒸気化摂取)
苦い 香料付きで美味しい
コストパフォーマンス より高濃度のものが必要となり、摂取効率を考えると悪い。 少量で効率的に摂取できるため、良い。 初回は電子タバコの購入費用がプラスとなる。
摂取効率 約15% 50~60%
体感時間 30分~2時間 3分~10分

表からもわかるように、CBDの摂取方法としてはCBDリキッドを使用する方法が良いことがわかります。

7.CBDリキッドの使用例

 CBDリキッドの摂取効率や体感時間から、CBDリキッドの効果が活かしやすい場面を挙げてみました。

・仕事の休憩時間

 私たちが最もストレスを感じる環境のトップと言っていいのが、仕事の場面です。

 仕事の量や内容、職場の人間関係など、ありとあらゆるところにストレッサーが潜んでいます。

 そこで、ちょっとした仕事の休憩時間に、CBDリキッドの入った電子タバコ(VAPE)などで、サクッとCBDを蒸気化摂取します。

 すると、全身の緊張がほぐれ、短時間リフレッシュすることができ、スッキリした頭で仕事を再開できます。

 おのずと仕事のパフォーマンスの向上にもつながるのではないでしょうか。

・おやすみタイムの前に

 1日頑張った疲労感や、明日への不安のためなかなか寝付けない人もいると思います。

 そこで、就寝前にCBDリキッドを蒸気化摂取し、副交感神経を優位にスイッチさせることで、スムーズな睡眠導入効果が得られます。

 また、CBDは睡眠の質も上げる効果かがあり、深い睡眠で疲れもしっかり取れることから、スッキリした目覚めではじまる活力のある1日が過ごせると思います。

8.副作用はあるの?

CBDは私たちの生活や美容・健康の面において、様々な効果があるとわかりまた。しかし、体内に摂取するものは副作用についても効果と同じくらい重要といえます。

CBDは法的に安全な部位から抽出された植物化学成分であることから、通常副作用はないと言われています。

ごく稀に唾液腺のはたらきを抑えるCBDの作用を、「口の渇き」として訴える報告があります。このケースでも症状は軽症です。口の渇きを感じた際、しっかり水分補給を行ってください。

世界保健機関(WHO)の事前審査報告書の中にも、CBDで報告された副作用は、CBDと患者が既存で摂取していた薬物の間の薬物相互作用の結果であるかもしれないとあります。

つまり、基礎疾患があるため常用的に薬を内服している人は、その常用薬とCBDの間で、薬物による相互作用がはたらき、副作用が出現する可能性があるということです。常用薬がある人は、CBDを摂取する前に医師に相談する必要があります。

 また、妊娠中の方は、妊娠中の女性に対するCBDの影響の研究が進んでいないことから、CBDの接種は控えた方がいいといえます。CBDの効果でも説明したようにCBDは眠りにつきやすい、リラックスする効果があります。そのため日常的に機械の操縦や自動車の運転をする際には使用を控えた方がいいといえます。

以上のことに留意すれば、基本的にCBDは安全に摂取できると言われています。

9.まとめ

CB Dは私たちの心や体にとって、とても効果があることがわかりました。

またCBDを摂取するにはCBDリキッドの方が、効率的に効果を得られることもわかりました。

CBDやCBDリキッドの製品については、今後も世界中でどんどん研究が進んでいき、多種多様なCBD製品が増えていくと思います。

この記事を読んで、「自分もCBDを取り入れてみたい。」と思い、「CBD リキッド 効果」や「CBD リキッド 製品」と検索される人もいるでしょう。

しかし、ネット上にはCBDリキッドを使用しても「何も効果を選らない」というマイナスな評価もあります。

購入する際にレビューを参考にする場合は、レビューを書いている人が、「どんなCBDリキッド製品」を「どのように使用したか」を書いているかがです。

CBDは今世界で注目されているが故に、質の悪いCBDやCBDリキッドの製品を販売する業者が増えてきています。

その中には、CBDの含有量が極少量しか含まれていないものや、そもそもCBDに似た成分で、効果がないものをCBDとして販売するなど、悪質な製品が40種類以上あると言われています。

安心で安全なCBDやCBDリキッド製品を見極めるためには、「CBDの含有量」や「ほかにどんな成分が含まれているか」はもちろん、「いつどのようにしてつくられたものか」について調べるのも重要です。

また、安全性では、CBDやCBDリキッドの製品を取り扱っている業者が「日本の法律や輸入の基準を満たしているか」について、きちんと明示してあるものを選ぶ必要があります。

自分の体に取り入れるものならば、正しい知識を持って、悪い情報に振り回されないようにしましょう。

オススメのCBDオイル:CBDMAX(シービーディーマックス)

CBD MAX(シービーディーマックス)公式サイト|これがリラックスの新常識リラックスの新常識CBD MAX(シービーディーマックス)公式サイト|CBDをおしゃれに楽しむ使い捨てVAPE、ニコチン0mglpl.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました