CBDは本当に効果がない?‐CBDとは何かとその効果‐

1. はじめに

最近、医療をはじめ美容や健康の分野で、 CBD(カンナビジオール)の名前を聞く機会が増えてきました。

CBDについての研究は日本国内でも広がってきており、美容や健康に関心の高い人の間では、すでに大注目されているものです。

今、CBDについて知らない人の耳にCBDの名前が届くのも、そう遠くないと言えるでしょう。

 CBDについて関心を寄せている人の多くは、「そもそもCBDってなに?」や、「CBD は効果があるの?ないの?」という疑問が浮かぶと思います。

 結論から言うと、CBDは「万能薬」と言われるほど、CBDは私たちが生活していく上で、精神・身体への有用な効果があると言えます。

そこでCBDとその効果を徹底調査し、私たちの抱える「CBDって結局、効果あるの?ないの?」という疑問について、解明していきましょう。

2. CBD について

 1)CBDとは何か

CBDはCannabideol(カンナビジオール)の略語で、麻に含まれるカンナビノイド類の成分名です。

麻には約100種類のカンナビノイド成分があり、CBDは非精神活性化合物(精神に作用しない)で、最も効果を期待されている成分でもあります。

 麻と聞くと危険でネガティブなイメージが強いですが 、麻には CBD(カンナビジオール) とTHC(テトラヒドロカンナビノール)という2つの成分があります。

日本で規制の対象とされているのは、幻覚や高揚感などの精神作用を与えるTHC(テトラヒドロカンナビノール)です。

 THCは精神に作用するだけでなく、常用性や依存性もあることから、日本では厳しく取り締まられています。

その点、CBDは法的に安全な部位から抽出されており、日本国内においても販売や使用が可能です。

 2)CBDの安全性

  CBDの安全性について、日本の大麻取締法では次のように定められています。

 大麻取締法:第1条、この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品を言う。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)ならびに大麻草の種子及びその製品を除く。

 CBDは麻の茎から抽出されます。つまり、大麻取締法:第一条で「大麻」として成熟した茎の部分は「除く」と言われており、法的な部位から抽出しているため、違法ではないのです。

  3)CBDの必要性

 1)で、CBDはカンナビノイド類の成分名と紹介しましたが、私たちヒトの体内にも内因性のカンナビノイドがあります 。

 内因性のカンナビノイドはヒトの恒常性維持を目的とし、 ヒトの体内で生成、活性、分解されます。

 私たちの体内には エンド・カンナビノイド・システム(ECS)という、生きていくうえで重要な身体調節機能をおこなう神経伝達システムがあります。エンド・カンナビノイド・システムは食欲や運動機能をはじめ、感情制御、認知、記憶まで、コントロールしています。

 エンド・カンナビノイド・システムは、全身に分布しており、外部からの強いストレスを受けると調節機能がうまくはたらかなくなる状態になります。これを「カンナビノイド欠乏症」といい、この「カンナビノイド欠乏症」は加齢とともに起こるともいわれています。

 そして「カンナビノイド欠乏症」の状態は、様々な疾患につながることも明らかになってきました。

 *臨床CBDオイル研究会http://cbd-info.jp

 *日本臨床カンナビノイド学会http://cannabis.kenkyuukai.jp

 内因性のカンナビノイドが欠乏した「カンナビノイド欠乏症」の状態になると、認知機能の低下や、主要な臓器疾患、免疫機能の低下につながると言えるのです。

 体内で生成される以外に、植物由来のCBDでカンナビノイドを摂取することで、欠乏したカンナビノイドを補い、「カンナビノイド欠乏症」を予防および抑制することにつながります。

3.効果

CBDが何かは大まかに理解してもらえたと思いますが、私たちにとって重要なのは「CBDの効果はあるのかないのか」です。

ネット上では「CBDは効果がない」と評価されているページもあります。

「CBDは効果がない」のが本当ならば、なぜ、CBDは効果がないのに世界中で研究され、日本でも注目されはじめているのでしょうか。

CBDは医薬品でないため、薬事法では「効果がある」と言えないとされています。ただ、薬事法では「効果がある」言えないだけであって、100%植物由来のオーガニックなCBDから得られる効果にはたくさんの有用なものがあります。

  そこで次は「CBDがどんな事柄に効果的か」について説明します。

 1)WHOによる事前審査報告

 世界保健機関(WHO)の名前は、誰しも耳にしたことがあると思います。

 WHO には薬物依存に関する専門委員会(ECDD)があり、第39回会議で、 CBD についての事前審査報告が行われました。

 そこでWHOは、 CBD の有効性と安全性を高く評価しています 。

 事前審査報告書の概要部分では、「ヒトにおいて CBD は、乱用あるいは依存の可能性を示唆する作用を示さない。」と示しています。

 CBDはTHCと違い、摂取しても乱用や依存する危険性はないということです。

 WHOがCBDの有効性と安全性を高く評価していると、これから使用する私たちとしては、非常に安心できます。

 2)CBDが治療効果を有する可能性のある疾患

 WHOの事前審査報告書には、CBDが治療を有する可能性のある疾患として以下の疾患が挙げられています。

・アルツハイマー病

・パーキンソン病

・多発性硬化症

・ハンチントン病

・低酸素虚血性脳障害

・疼痛

・精神障害

・不安

・抑うつ

・癌

・吐き気(悪心)

・炎症性疾患

・関節リウマチ

・感染症

・炎症性腸疾患とクローン病

・心血管疾患

・糖尿病合併症

*CBDが治療効果を有する可能性のある疾患の概要Pisantiら( 2017)からの引用

 難しい名前の疾患もありますが、私たちの身近にある「感染症」や「不安」、「癌」にも、CBDが治療効果を有する可能性があるとされています。

*カンナビジオール(CBD)事前審査報告書、世界保健機関(WHO)薬物依存に関する専門委員会(ECDD)第39回会議、ジュネーブ、2017年11月6日一10日

 3)具体的な効果

 2)では疾患名を羅列しましたが、私たちの生活に密着したところでのCBD の具体的な効果はどんなものなのでしょう。

  • 抗炎症作用

 CBDは私たちの体内で白血球に作用し、血管内から炎症部位に白血球をはこび炎症を引き起こす物質の産生を抑制することが知られています。

 「のどの炎症からくる風邪」や「ひざの炎症からくる関節痛」と聞けばわかりやすいように、炎症は私たちの健康を害する多くの症状に関与しています。

 関節リウマチをひとつの例として挙げると、関節リウマチの主症状は関節の炎症で、炎症が進行すると、疲労を感じやすくなり、うつにもつながる可能性があります。そこにCBDの受容体がはたらきかけ、炎症を抑制する作用があると考えられています。

 その他にCBDの抗炎症作用がはたらくことで次のような事柄にも効果があります。

 ・ニキビ

 ・口内炎

 ・湿疹

 ・アトピー

 ・関節痛

 ・腰痛

 ・偏頭痛

 ・肩こり

 ・創傷治癒の速さ

 ・他各種炎症 

また、CBD はビタミン C やビタミン E よりも、高い抗酸化作用と免疫を活性化させる効果があり、アンチエイジングにおいても効果があるといわれています。

 ニキビやアンチエイジングは女性にとってうれしい効果です。

炎症による関節痛や偏頭痛に悩みながら生活している人も少なくないため、多くの人の生活にとって、CBDは効果があると言えます。

  • 自律神経の調整

自律神経は、私たちの身体のあらゆる器官を調整するためにはたらいている神経です。

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」があり、この2つのバランスが崩れると、体や心にさまざまな不調があらわれます。

自律神経の乱れによって引き起こされる疾患としては、次のようなものがあります。

・自律神経失調症

・神経性胃炎

・過換気症候群

・過敏性腸症候群

・メニエール病

CBDに含まれるカンナビノイドには、自律神経を調整するはたらきがあるといわれています。

CBDを摂取し、自律神経のバランスがとれると、次のような効果が得られます。

 ・ストレス解消

 ・リラックス作用

 ・イライラの軽減

 ・やる気アップ

 ・寝つきが良くなる

 ・質の良い睡眠が取れる

ストレス解消やイライラの軽減は、ストレスの多い現代社会で暮らす私たちにとって、大変うれしい効果と言えます。

  • 抗不安作用

不安とは、私たちが生活していくうえで様々な心配事や恐怖またそれに近い感情 

   を広く表す言葉です。

    何に不安を感じるかには個人差がありますが、不安を感じ続けると、精神・身体的な不調につながる可能性も低くはありません。

不安障害は、今社会問題としても大きく取り上げられるほど、重要な事柄と言えます。

CBDは、3)CBDの必要性、で説明したエンド・カンナビノイド・システムという、生きていくうえで重要な身体調節機能を正常に保つのに有効だとされています。

カンナビノイドが欠乏する「カンナビノイド欠乏症」になると、私たちの体には様々な影響があります。

不安障害もそのひとつであり、外的なストレスを受けるとCBDが欠乏し、精神的にも不安定な状態に傾きます。

しかしCBDを摂取し、補充することで、恐怖や不安からくる不安障害にも効果があるといわれています。

主な不安障害として以下のようなものが挙げられます。

・慢性的な不安症状

・全般性不安障害

・パニック障害

・PTSD

・社会性不安障害

・強迫性障害

パニック障害やPTSDの症状が重いため、社会生活が困難になる人もいます。

CBDの研究が進み、国内に広く不安障害に対するCBDの効果が拡散することで、不安障害で悩んでいる人が少しでも生活しやすくなる日がくるかもしれません。

  • 制吐作用

嘔吐は様々な疾患の症状として出現してきます。CBDは嘔吐中枢に作用し、嘔吐を抑制することが研究でわかってきています。

また、嘔吐は乗り物酔いや神経性嘔吐だけでなく、がんの代表的な治療である抗がん剤治療の副作用としても有名です。

抗がん剤でがんと闘っている人に、少しでも副作用が出現せず治療できれば、体力の低下も少なく済むかも知れません。

私たちの身近にあることを抜粋しましたが、以下のような事柄にも、CBDは効果があると言われています。

 ・ 注意欠陥多動性障害(ADHD)

 ・アルツハイマー型認知症

 ・神経性無食欲症

 ・喘息

 ・自閉症

 ・糖尿病

 ・肥満

 ・骨粗鬆症

 ・神経変性疾患

 ・神経因性疼痛

   *CBDの生活を研究するWebマガジンLife with CBD http://cigarette-e.com

*カンナビジオールの治療効果とその作用機序、保健医療学雑誌

4.まとめ

 CB Dは私たちの心や体にとって、とても効果があることがわかりました。CBDについては、世界中でどんどん研究が進んでいます。これからさらにCBD製品が増えていくことは、言うまでもありません。

この記事を読んで、「自分もCBDを取り入れてみたい。」と思い、「CBD 効果」や「CBD 製品」と検索される人もいるでしょう。

しかし、ネット上にはCBDを使用しても「何も効果が感じない」や「値段が高いなど」ネガティブな評価もあります。

検索する上で重要なのは、目立つワードだけを鵜呑みにするのではなく、使用した人が、「どんなCBD製品」を「どのように使用したか」です。

CBDは世界で注目されている半面、利益だけを求める業者も増えてきています。含有量が極少量しか含まれていないものや、そもそもCBDに似た成分で、効果がないものをCBDとして販売するなど、悪質な製品が40種類以上あると言われています。

本当に効果があるCBDを選ぶためには、「CBDの含有量」や「ほかにどんな成分が含まれているか」はもちろん、「いつどのようにしてつくられたものか」について知るのも重要です。

また、安全性の視点から、CBD製品を取り扱っている業者が「日本の法律や輸入の基準を満たしているか」きちんと明示してあるものを選ぶ必要があります。

自分の体に取り入れるものならば、正しい知識を持って、悪い情報に振り回されないようにしましょう。

オススメのCBDオイル:CBDMAX(シービーディーマックス)

CBD MAX(シービーディーマックス)公式サイト|これがリラックスの新常識リラックスの新常識CBD MAX(シービーディーマックス)公式サイト|CBDをおしゃれに楽しむ使い捨てVAPE、ニコチン0mglpl.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました