CBD+VAPEで体調改善!効率もコスパも高いおすすめCBD摂取方法

「CBD」や「CBDオイル」「CBDリキッド」という名前をよく耳にするようになりました。今このページをご覧の貴方も、CBDはどうやって使うのかな?と思いながら、ここにたどりついたのではないでしょうか。

CBDについては、様々な研究が行われ、人体へのポジティブな影響、さらには多くの重要疾患に対する効果が期待されるなど、世界中で注目の的となっています。

日常生活の中にも気軽に取り入れることができ、私たちの元気の源ともなるCBD。

今回は、このCBDのVAPEを使った利用方法について、お話ししていきます。

CBDとは?

はじめにCBDとはどんなものなのか?について簡単に触れておきます。

まず第一に

CBDは「違法薬物ではない」

ということを覚えておきましょう!

CBDについて誤解されやすい部分がここだからです。

なぜなら、CBDは大麻と同じカンナビス(Cannabis)という植物から作られているからです。

ご存知の通り、大麻は違法薬物です。

それは、大麻に含まれる「テトロヒドロカンナビジオール(THC)」という成分のためです。

テトロヒドロカンナビジオールは、陶酔感、高揚感をもたらします。いわゆる「ハイになる」という状態ですね。

これが依存を誘導しやすく、その結果精神障害を引き起こしてしまいます。

脳への影響や依存症の危険を伴うため、大麻は輸入や所持、使用が禁止されているのです。

それなら、CBDはどうなの?

CBDも、同じ植物からできているのに大丈夫なの?

確かに、CBDも違法薬物大麻も、同じカンナビス(Cannabis)という植物が原料となっていますので、このような疑問が浮かんできますよね。

実は、依存を誘導したり精神作用を引き起こすテトロヒドロカンナビジオールは、カンナビスの葉や花穂に含まれています。そして、違法薬物である「大麻」は、まさにこの葉と花穂を乾燥させたものです。

これに対し、CBD[は、カンナビスの茎や種から抽出した一つの成分です。テトロヒドロカンナビジオールとは全く別の化学物質であり、依存性や精神状態への影響はありません。

それでいて、私たちの体に様々な効能を与えることが確認されています。

WHOも、CBDの安全性を認め、依存の誘発や乱用の可能性がないことを発表しています。

つまり、CBDは大麻とは全く別物であり、摂取しても副作用の心配なく様々な効能を与えてくれる物質といえるでしょう。

CBDにはどんな効果があるのか?

CBDは、体内の「エンドカンナビノイド系」を活性化すると言われています。

「エンドカンナビノイド系」とは、人体の恒常性の調節を司る非常に重要なシステムです。

免疫機能の調整から、感情抑制、発達と老化、認知と記憶、運動機能など、生きていくために必要不可欠な身体機能を調節しています。血圧、睡眠サイクル、痛みやストレス、空腹などの感じ方まで、全てのバランスを保ち、健康と精神の維持に重要な役割を果たしています。

この「エンドカンナビノイド系」が何等かの理由でうまく機能しなくなった時、人の体は様々なトラブルを抱えてしまいます。

CBDは、このエンドカンナビノイド系に直接働きかけて活性化を図り、乱れた身体調節機能を再調整することができるのです。これにより、不快な症状が改善され、更には、様々な重大疾患へのポジティブな効果が期待されています。

私たちの日常生活の中でも、

・質の高い睡眠効果

・リラックス効果

・精神の安定、不安解消

・痛みの緩和

・依存の抑制(禁煙効果など)

・炎症の緩和

・ストレス、疲労緩和

などに効くといわれています。

→こちらの記事もご覧ください。

CBDが睡眠に効くって本当?大麻から生まれたCBDに世界が注目!

CBDの製品化

CBDは、様々な形で製品化されており、VAPE用リキッド、オイル、サプリメント、カプセル、パウダー、化粧品などがあります。

用法に合わせて開発されているため、自分がどのように使いたいのか、用途に応じたCBD製品を選ぶようにしましょう。

CBD とVAPEの使い方

CBDの効果的な利用法の一つに、VAPEを使う方法があります。

VAPEは、ヴェポライザー、電子タバコとも呼ばれ、いろいろな香料を含んだリキッドを加熱し、成分を気化させて吸い込むというものです。

このリキッドの中で、CBDを含んだものがCBDリキッドです。

VAPEを使うことのメリット

①効きが早くコストパフォーマンスが高い

VAPEでのCBD摂取では、気化したCBDを吸い込み直接体内に取り込むことができます。

CBDオイルやサプリメントなど経口摂取では、内臓を経由してから血中に取り込むため、体感するまでに時間がかかりますが、VAPEでは、浸透度合いが高く比較的少量で効果を感じることができます。

より少量で体感でき、効率よい摂取が可能。

これは、高いコストパフォーマンスに繋がります。

また、体調に合わせて摂取量(吸引量)を調節しながら、体調の維持を図ることができます。

吸引し始めて数分以内に効き目を感じることできますので、どのくらい吸ったら効き始めるかなどがわかりやすく、自分に合った量や頻度を調整し、体調維持に役立てることができるでしょう。

②タバコのような臭いがない

VAPEは一見たばこのようで、煙を吸っているように見えますよね。

しかし、VAPEで吸っているものは「蒸気」であり、煙ではないのです。

VAPEの加熱温度は160~180度、200度まで上がるタバコと比べるとはるかに低いため、燃焼による有害物質が少なく、嫌な臭いが髪や衣類に残るということがありません。

加えて、CBDリキッドには様々なフレーバー付きの製品が出回っており、香りや味を楽しみながら、CBD効果を得ることができます。

VAPEを使う時の注意点

  • 必ず「リキッド」を選択しよう

CBD製品には、「CBDリキッド」と非常に似た「CBDオイル」があります。しかし、両者は全くの別物です。

CBDオイルは、通常経口摂取を目的として作られており、成分が異なります。ほとんどがVAPEに対応していないため注意が必要です。必ず「VAPE用」や「CBDリキッド」であることを確認してから購入しましょう。

成分表記も確認するとよいでしょう。

CBDリキッドの成分は、プロピレン・グリコール(PG)、 植物グリセリン(VG)、 CBD、テルペン(terpenes)、香料です。お気づきのように基本的に「オイル」は入っていません。

②第三者機関での品質検査

製造元が第三者機関の品質検査を受けているか確認しましょう。CBD成分の含有量はどの程度か、様々な有害な物質が含まれていないかなどを第三者機関が調べていれば安心です。製造元のホームページに製品の検査結果などが公表されている場合もあります。

  • VAPEは効きが速い

VAPEを使用すると、蒸気を吸い込むとともにCBDが直接体内に取り込まれ、血中に吸収されます。そのため、経口摂取よりも効果が出やすいといわれています。効きが速いというメリットの反面、その時の体調によっては思ったより効果が速く強く出るなど、影響を受けやすい可能性があります。自分の健康状態も考えながら吸い過ぎには注意しましょう。

③CBDは発展途上

CBDは近年急速に研究が進んできたもので、今後も引き続き研究開発の余地が残されています

その意味ではまだまだ発展途上にあり、安全面、費用面、効能など色々な面で慎重な対応が必要ではあります。

CBD自体の価格も常用するとなるとお安いものではなく、上等で高価なCBDリキッドの中には数万円という製品もあります。価格幅は広いものの、価格と質の見極めも難しく、自己責任という部分が大きいといえるでしょう。

④吸う時はしっかりと肺にためて

CBDの効果をシッカリ得るコツは、吸い込んだ蒸気をしっかりと肺にためることです。

蒸気を吸い込む前に、一度ゆっくりと深呼吸をするとよいです。

まずは肺の中の空気をゆっくり吐き出し、そしてゆっくりと空気を吸い込み、肺に溜め込みます。

その後、ゆっくりと5秒ほどかけて息を吐き、次に5秒かけてCBDの蒸気をゆっくりと吸い込みましょう。(無理はせず)

そのまま再び5秒ほど肺の中にとどめてから(無理はせず!)、吐き出します。

肺に溜め込むことで、CBDの成分の吸収を高めます。

おすすめCBDリキッドの紹介

  1. Pharma Hemp社

CBDリキッド5%500mg フルスペクトラム

伝統的な有機栽培で育てたオーガニックヘンプを使用。種子選びから出荷まで、全ての生産工程段階でテストを行い、より高濃度で純粋な成分を抽出。フルスペクトラムかつ高濃度のため、CBDの効果が強く感じられ、しっかりとした吸いごたえがあります。

  • CANNAPRESSO

CBD E-Liquid 1000mg

高濃度VAPE用15ml

第三者機関の検査により、THC成分は一切含まれない安全性の高さが認められたCBDリキッド。出荷までの全工程で検査を行い、不純物、重金属の排除、化学物質のないCO2プロセスで抽出された、濃度の高い最高品質の製品。メントールからカンナビスフレーバーまで、多彩な種類のフレーバーが用意されています。

  • Koi CBDリキッド1000mg 30ml

アメリカコロラド州南部でのオーガニック栽培、医薬品グレードプロセスで抽出された純度99%のCBD。大容量30ml、良心価格で常用しやすく、豊富な種類のフレーバーが揃っています。

  • NATUuR CBD E-Liquid 420 with Terpenes

オランダナチュール社のテルペン配合リキッドです。

CBD配合量が420mg/10ml(4.2%)という高濃度が魅力。テルペンも配合され味わいの深さが際立ちました。テルペン自体にもリラックス効果があり、CBDの効果をさらにパワーアップしてくれます。カンナビスフレーバーをベースに様々なフレーバーがプラスされています。

CBDリキッド+VAPEで便利に気軽に健康維持

CBD製品は用途に合わせて様々な形で製品化されており、摂取方法もバラエティに富んでいます。

その中の一つが、VAPEを使い蒸気として吸い込む方法。

CBDリキッド+VAPEの組み合わせは、即効性があり、比較的効率よく摂取できることから人気が高まっています。

CBDで不安やストレス解消、不眠改善、疲労の解消など、日々感じている不快感を改善し、心と身体の健康を維持しませんか?


コメント

タイトルとURLをコピーしました