疲れやストレスを癒す、WHOも認めるCBDオイルの効果

仕事の疲れが抜けない、ストレスが溜まっている、そんなときは使いたいのがリラックス効果やストレスを軽減する効果が期待されているCBDオイルです。

CBDとは大麻草に含まれる成分である「カンナビジオール」の略。CBDオイルはアメリカではポピュラーであり、日本でも注目されています。大麻草に含まれる成分と聞くと、マリファナを想像される方が多いでしょう。しかし、CBDには向精神作用はなく、日本でも合法的に使用することができます。

CBDオイルとはいったい何なのか?

大麻草に含まれるCBDとTHC

アサ科の植物である大麻草(カンナビス)には、主にCBD(カンナビジオール)とTHC(テトラヒドロカンナビノール)という二つの成分が含まれています。

このうちTHCは葉と穂に多く含まれている成分です。向精神作用があり幻覚症状を引き起こすことから、日本では麻薬取締法で生産や所持が禁止されています。一方のCBDは種子と茎に多く含まれている成分です。THCとは違って向精神作用はなく、いわゆるハイになることはなく幻覚を見ることもありません。

種子と茎から抽出したCBDを加工したオイル

CBDは一般的に大麻草の種子と茎から抽出されます。このCBDをエッセンシャルオイルに加工したものがCBDオイルです。日本の麻薬取締法では大麻草の種子と茎の使用を合法としており、CBDは違法薬物の類ではありません。大麻と聞くとマリファナを連想しますが、種子である麻の実は日本の食卓に欠かせない七味唐辛子に含まれています。茎は繊維に加工されて天然素材として利用されています。CBDオイルもこれらと同じ合法的な加工品です。

なお麻の実を絞ったヘンプオイル(麻実油)もありますが、こちらはCBDが含まれていませんので注意してください。

身体調整機能を整えるCBD

ではCBDは私たちの体内でどのように作用するのでしょうか?

人間の体内には「ECS(エンド・カンナビノイド・システム)」という身体調整機能が存在します。ECSは細胞同士のシグナルのやりとりをコントロールし、食欲、痛み、免疫、感情、運動機能などを調整するほか、神経保護、認知や記憶にも関係しています。

ところがECSは加齢、ストレスや生活習慣の乱れなどさまざまなことが原因で働きが低下します。その結果として、細胞同士のシグナルのやりとりがスムーズに行えなくなり、体の機能を正常に保つことが難しくなります。このような状態によって引き起こされる症状が私たちが感じる不調なのです。CBDにはECSの働きを正常化する作用があり、心身の不調を改善する効果が期待できます。

CBDオイルに期待されている主な効果

CBDにはストレス軽減効果や疲労回復効果があり、100近くの疾患について「WHO(世界保健機関)」が有効性と安全性を高く評価しています。このCBDをより使いやすく加工したものがCBDオイルです。そこでこれまでの研究によって認められている代表的な効果を紹介します。

ストレスを軽減する

日々多忙な生活を送る現代人は常に強いストレスに晒されています。ストレスによって不調を引き起こす原因の一つに自律神経の乱れがあります。CBDオイルはECSの働きを回復させ、脳を安定した状態へ導いて、ストレスへの抵抗力を高めてくれます。その結果として、ストレスが脳に及ぼす悪影響が緩和され、自律神経のバランスが整えられます。さらにストレスホルモンである「コルチゾール」の生成を抑制して、ストレスを緩和する効果も認められています。

抗炎症作用

炎症は免疫細胞から「サイトカイン」と呼ばれるたんぱく質が多量に分泌されることで引き起こされます。CBDには免疫機能を調整する作用があり、炎症を引き起こすサイトカインの生成を抑制します。CBDオイルは軟膏として肌に塗ることで、炎症を鎮める効果が期待できます。また欧米ではニキビの治療にCBDオイルが使われています。

安眠効果

これまでの研究でCBDには不眠症の治療効果がある可能性が示唆されています。強い不安は心拍数の増加に繋がるため安眠の妨げになります。CBDには幸せホルモンである「セロトニン」の受容体(刺激や情報を受け取り作用を伝えるたんぱく質)に働きかけることで、不安を軽減する効果があるとされています。また自律神経のバランスが整えられることで、緊張や興奮が抑制されてリラックス状態に導かれ、夜ぐっすり眠れるようになります。

疲労回復効果

CBDには運動による筋肉の疲労を回復させる効果が期待されています。激しい運動を行うと筋肉が傷ついて炎症が発生します。CBDには抗炎症作用がありますから、運動後に使用することで炎症が鎮められ、筋肉の疲労回復を促すことができます。

抗酸化作用

私たちの体内では、加齢やストレス、食生活の乱れや激しい運動によって、細胞の老化を促進する「活性酸素」が増加していきます。そこで重要な働きをするのが活性酸素と戦う抗酸化物質です。その代表はリノール酸などの「不飽和脂肪酸」です。

大麻草から成分を抽出したCBDオイルには不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。年齢を重ねると体内の抗酸化物質が減少していきますから、CBDオイルを摂取して活性酸素の増加を防ぎましょう。

痛みを軽減する

CBDには脳内の受容体に働きかけて痛みを軽減する作用があります。これまでの研究では、慢性的な痛み、関節炎、筋肉痛、脊髄損傷などの症状を治療する効果が期待されています。

てんかんの発作を軽減する

CBDには「てんかん」の発作を軽減する可能性があり、臨床試験において有効性が示されています。小児患者214名を対象にした試験では、CBDを1日2~5mg経口投与することで、てんかん動作の毎月の頻度が平均30%から15.8%まで減少することが確認されています。

CBDオイルの使い方

さまざまな効果が期待されているCBDオイルですが、使い方がよく分からないという方もおられるでしょう。CBDオイルは経口摂取しても肌に塗っても効果が期待できます。

口の粘膜から吸収させる

数滴をスポイトで舌に直接垂らし、60秒ほどそのままの状態で口腔粘膜からゆっくり吸収させます。小腸などの消化器官よりも口腔粘膜からのほうが吸収効率が高く、より効果的な摂取方法です。

飲み物や食べ物に混ぜて摂る

CBDオイルには独特のクセがあり、舌に直接垂らすことに抵抗を感じることもあります。そんな方はお茶やコーヒーなどの飲み物や食事に混ぜて摂っても構いません。油っぽい食事と一緒に摂るとスムーズに吸収されます。

肌に直接塗る

CBDオイルは刺激が少なく肌に直接塗ることができます。軟膏として塗ることで炎症を鎮めることができます。また寝る前に足の土踏まずに塗ると安眠効果が得られます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました