CBDを使用しているセレブリティーたち

 1 CBDを使用しているセレブたち

CBDの効果効能が知られているアメリカでは、CBDを使用しているセレブがたくさんいます。

ここでは、CBDを使用しているセレブを紹介していきましょう!

 2 モーガンフリーマン

ハリウッドの名脇役として有名なモーガンフリーマン。

俳優としての確固たる地位を築いている彼ですが、実は長年のCBD愛用者なのです。

なぜ使用を始めたかというと原因は交通事故でした。

彼は、2008年に自動車事故で左腕に線維筋痛症を患ってしまいました。

この繊維筋痛症は、発症することで「広範囲の痛み」「手足の麻痺」「疲労感」 「不安・鬱症状」

を患うことになります。

そこで、彼はこの症状の緩和にCBDを用いることにしたのです。

その結果、症状は緩和されました。

彼はこの事故以前にも大麻を吸った経験があったみたいですが、

この事故後、より大麻合法化支持者になったようです。

 3 マイケル・J・フォックス

マイケル・J・フォックスが長年パーキンソン病を患っていることは非常に有名です。

その彼が29歳でパーキンソン病と診断されて以来、

症状の軽減をする手段としてCBDの使用を始めました。

さらにパーキンソン病の研究のための彼は、「マイケル・J・フォックス財団」を作ります。

そしてこの財団は、CBDがパーキンソン病の症状を和らげる可能性があることを発見したのです。

このようにマイケル・J・フォックスは、CBDの研究にも大きな影響を与えているのです。

 4 リアーナ

グラミー賞受賞者であるリアーナは、CBD・THCはもちろん大麻自体の合法化支持者です。

彼女のインスタグラムには大麻の写真が大量にアップされたり、

彼女の楽曲自体も大麻からインスピレーションを受けたものが多くあります。

彼女の有名な楽曲「We found love」は大麻の世界を表現しているとも言われています。

 5 ウーピーゴールドバーグ

映画「天使にラブソングを」で有名なウーピー・ゴールドバーグ。

彼女はスターであるが故に、大きなストレスを長年感じてきました。

そして持病の緑内障も患っていることから、

これらの症状を緩和するためにCBDを使用し始めたと言われています。

さらに彼女はCBDを使用するだけにとどまらず、

CBDを扱う会社を共同経営者と共にに立ち上げます。

その名も「whoopi & maya medical cannabis」。この「maya」とは共同経営者の方のお名前です。

この「whoopi & maya medical cannabissya 」ではCBDオイルはもちろん、

抗炎症用のクリーム、カカオ商品が発売されています。

 6 アレサンドラ・アンブロジオ

モデル大国ブラジル出身で、ビクトリアシークレットのモデルとして有名な

アレサンドラ・アンブロジオ。

彼女は自身の美容のために、1日8時間の睡眠をとても大事にしているそうです。

しかし、大きなファッションショーになると、ストレスから寝付けないこともあるとか。

そこで、彼女はその対処法としてCBDを使用しています。

CBDを使用することで大きなファッションショーの前でもぐっすり眠ることができ、

美を保つことが出来るのだそうです。

アレサンドラ・アンブロジオの美の秘訣はCBDにありそうですね。

以上、CBDを使用しているセレブリティの紹介でした。

自分の作品のためにCBDを使うセレブから研究のためや会社を立ち上げる人まで、

多くのセレブがCBDに関わっています。

こういったセレブがCBDの情報発信をしていくことで、

より多くの人にCBDの良さが伝わっていけばいいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました